【メルセデス GLEクーペ】知性と情熱、伝統とモダンを融合させたデザイン | Push on! Mycar-life

【メルセデス GLEクーペ】知性と情熱、伝統とモダンを融合させたデザイン

自動車 ニュース

メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
  • メルセデスベンツ GLEクーペ
メルセデス・ベンツ日本は同社初のSUVクーペとなる『GLEクーペ』を発表した。東京モーターショー15で参考出品され、話題になったことから、導入に至ったという。

同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、「クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと走行性能に、SUVらしい存在感と利便性を加えたモデルがGLEクーペだ」と述べる。

その特徴ついて同社営業企画部・商品企画2課マネージャーーの廣澤臣哉氏は、「デザイン、特に美しいルーフラインだ」という。また、「自動車を発明したカール・ベンツは理性的な人物。一方、同時期に四輪自動車を製作したゴットリープ・ダイムラーは情熱的な人物だった」とし、「(GLEクーペ全体は)創業者である二人の知性と情熱、そして伝統とモダンを融合させたデザインで、SUVらしい存在感を残しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムも実現している」と説明。

そのラゲッジルームは最大1720リットルあり、「後席を残したままでもゴルフバックが3つ搭載できるので、スポーティでありながら実用性も兼ね備えたモデルに仕上がっている」とした。
《内田俊一》

特集

page top