【プジョー 308GTi by プジョースポール】ラリーなどモータースポーツのノウハウ投入 | Push on! Mycar-life

【プジョー 308GTi by プジョースポール】ラリーなどモータースポーツのノウハウ投入

自動車 ニュース

プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
  • プジョー 308GTi by プジョースポール
プジョー『308GTi by プジョースポール』は、プジョーのモータースポーツ部門、プジョースポールがチューニングを施したクルマだ。

プジョースポールについて、プジョー・シトロエン・ジャポン広報室の英信司さんは、「もともとはWRCのコドライバーであったジャン・トッドが、プジョーブランドから依頼される形で81年にプジョー・タルボスポールという名のもとに創設されたのが始まりだ」と説明する。

その後、主にラリーチームとして参戦を続け、94年には『908』でF1に参戦。2004年には『307WRC』を発表しWRCに復帰した。更に2007年にはルマン24時間レースに出場し、その2年後には優勝を果たしている。

最近では、ダカールラリーにも挑戦している。2016年は南米アルゼンチンとコロンビアで開催され、「南米に舞台を移してから2度目の挑戦で優勝。13ステージ中9ステージを入賞し、中でも2つのステージではそれ以外のプジョーから出たほかのチームとあわせてトップ3を果たした」と英さん。

その車両は、『2008』をコンセプトとしたダカール専用車、『2008DKR』で、2016年は4台出場し、優勝を果たしたという。

今回の308GTi by プジョースポールもエンジンをはじめサスペンションのほか内外装において、プジョースポールの手が加えられている。
《内田俊一》

特集

page top