【プジョー 308GTi by プジョースポール】270馬力と250馬力、2つのエンジンを採用した理由 | Push on! Mycar-life

【プジョー 308GTi by プジョースポール】270馬力と250馬力、2つのエンジンを採用した理由

自動車 ニュース

プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 250 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 250 by プジョースポール
  • プジョー 308GTi 270 by プジョースポール
プジョー『308GTi by プジョースポール』には、270馬力と250馬力の2種類のエンジンが導入されている。その理由は車両価格にあるという。

270馬力エンジンを搭載する、308GTi 270 by プジョースポールの車両本体価格は436万円。そこに270専用のツートンカラー、クープ・フランシュを選ぶと466万円になり、諸費用を含めると500万円台になる。

「プジョーというブランドイメージを考えると、500万円という価格自体でハードルが上がる。そこで、エンジンパワーを若干マイルドにするとともに、タイヤをインチダウン(19インチから18インチ)しながらも、スパルタンなクルマを買いやすい価格で提供する必要があると考えた」とは、プジョー・シトロエン・ジャポン広報室の英信司さんの弁。それが250馬力の308GTi 250 by プジョースポールで、その車両本体価格は385万円である。

英さんは、「同じ270馬力で装備差だけによる価格設定ではあまり大きな差は難しい。しかし、パワーを下げすぎてしまうと、GTiとしてのカラーが損なわれる。そこで、250馬力エンジンで、タイヤのインチ等の差をつけることで約50万円下げ、買いやすい価格設定にした」と説明する。

エンジンとタイヤサイズ以外の差は、フロントシートがプジョースポールのバケットに対して、テップレザーとアルカンターラのコンビネーションになるほか、270馬力には、トルセンLSDや、プジョースポール4ピストンブレーキキャリパーが装備される。
《内田俊一》

特集

page top