BEWITHから最高級トータルサウンドパッケージ第2弾「BEWITH Royal Ensemble ll」を含む新製品リリース | Push on! Mycar-life

BEWITHから最高級トータルサウンドパッケージ第2弾「BEWITH Royal Ensemble ll」を含む新製品リリース

カーオーディオ カーオーディオニュース

BEWITHから最高級トータルサウンドパッケージ第2弾「BEWITH Royal Ensemble ll」を含む新製品リリース
  • BEWITHから最高級トータルサウンドパッケージ第2弾「BEWITH Royal Ensemble ll」を含む新製品リリース
  • モノラルパワーアンプ「P-1R」国内標準価格:18万円(税抜)  発売予定日 2016年4月上旬
  • モノラルパワーアンプ「P-100R」国内標準価格:7万円(税抜)  発売予定日 2016年4月上旬
  • オーディオレギュレーター「V-50R」国内標準価格:12万円(税抜)  発売予定日 2016年3月上旬
  • ・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R」(標準拡張ファームウェア搭載)国内標準価格:40万円(税抜/1台)  発売予定日 2016年7月上旬  MLリンクケーブル別売・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R DUAL」(LR拡張ファームウェア搭載)国内標準価格:80万円(税抜/2台1組)  発売予定日 2016年5月上旬  MLリンクケーブル別売・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R MONO」(MONO-SIX拡張ファームウェア搭載)国内標準価格:240万円(税抜/6台1組)  発売予定日 2016年6月上旬  MLリンクケーブル別売
国産高級カーオーディオメーカーとして名を馳せているBEWITHからハイエンドパッケージ「BEWITH Royal Ensemble ll」を含む7製品がリリースされた。

●「BEWITH Royal Ensemble ll」 
国内標準価格:600万円(税込、サウンドチューニング込、取付費別)
受注開始予定日 2016年2月12日  数量限定品
世界限定50組(うち日本国内向け20組)

2014年2月に第1弾が発表されて完売したBEWITH Royal Ensemble。その第2弾は、今回発表ている1Way・1chモノラル構成の特別仕様マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R MONO」6台を中心としたセットとなっている。

セット内容としてはRoyal Ensembleシリーズ専用の音質チューニングが施され、全チャンネル完全独立筐体・完全独立処理を可能にする究極の1Way・1chモノラル構成専用機である『STATE A6R MONO』が6台、プロセッサーへの接続に対してケーブルが一体となりRoyal Ensembleシリーズ専用の音質チューニングを実施された『MM-1D R』、同ブランドフラッグシップパワーアンプであるP-1を大幅改良し、Royal Ensembleシリーズ専用の音質チューニングを実施した『P-1R』が6機、安定した電源供給を行うために必要となる電源レギュレーターV-50のRoyal Ensembleシリーズ専用モデルとなる『V-50R』が2機、精密なマッチングが取られた2way+SW2本のセットとなるフラッグシップスピーカー『Confidence lll Trio』という組み合わせ。

このシステムを搭載したデモカーが2016年2月12日(金)から14日(日)までインテックス大阪(大阪市)で開催される「大阪オートメッセ2016」で展示される。当日は予約試聴が可能なので是非とも体感して欲しい。

●マグネシウムボディのモノラルパワーアンプ2機種とオーディオレギュレーター1機種をリリース

BEWITH独自の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」(マグネオラ)ボディを採用したモノラルパワーアンプの第二世代機「P-1R」「P-100R」を2016年4月上旬より、オーディオレギュレーターの第二世代機「V-50R」を2016年3月上旬より発売される。

◆モノラルパワーアンプ「P-1R」
国内標準価格:18万円(税抜)  発売予定日 2016年4月上旬

独自の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」によるオールマグネシウムボディを採用し、大容量電解コンデンサーの投入により低域のスピード感と力感を高めた新設計電源部を搭載。

構成パーツの大幅な見直しによって高音域の音楽表現力をさらに向上させたオーディオ回路を持ち、 新日本無線との共同開発によるオリジナル音響専用オペアンプ「BSZ1」型をドライバー段に、オリジナル大容量SiCダイオード「MUSES7001」型を正負電源部それぞれに1個ずつ(計2個)搭載している。

70μ箔厚プリント基板、ワンポイントアース、ドライバー段専用電源の採用で高S/Nを追究され、鮮やかで深みのある光沢のサンライズレッド・クリアーグロス塗装仕上げの製品だ。

◆モノラルパワーアンプ「P-100R」
国内標準価格:7万円(税抜)  発売予定日 2016年4月上旬

独自の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」によるオールマグネシウムボディを採用し、新日本無線との共同開発によるオリジナル音響専用オペアンプ「BSZ1」型をドライバー段に搭載する。

Air Circuitコンセプトを継承しながら回路構成を刷新したディスクリート構成となっており、低コアロス磁心+高純度無酸素銅巻線の組み合わせによるカスタムメイド電源トランスを採用している。

◆オーディオレギュレーター「V-50R」
国内標準価格:12万円(税抜)  発売予定日 2016年3月上旬

 新開発の音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」によるオールマグネシウムボディで、「P-1R」「P-100R」「STATE A6R」シリーズに合わせた音質面のファインチューニングが実施されている。

浮遊容量の変化をキャンセルし、スイッチング動作を高効率化するハイスピードスイッチング回路を搭載し、スイッチング素子の電流容量を最適化(高効率化)するカレントセンシング回路を昇圧部に採用する。

新日本無線との共同開発によるオリジナル大容量SiCダイオード「MUSES7001」型を搭載し、ノイズが混入しやすいグラウンド電位のさらなる安定化を実現した。

●複数台を組み合わせて性能と機能を拡張できる発展型プロセッサー「STATE A6R」シリーズ

・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R」(標準拡張ファームウェア搭載)
国内標準価格:40万円(税抜/1台)  発売予定日 2016年7月上旬  MLリンクケーブル別売
・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R DUAL」(LR拡張ファームウェア搭載)
国内標準価格:80万円(税抜/2台1組)  発売予定日 2016年5月上旬  MLリンクケーブル別売
・マルチプロセシングDACシステム「STATE A6R MONO」(MONO-SIX拡張ファームウェア搭載)
国内標準価格:240万円(税抜/6台1組)  発売予定日 2016年6月上旬  MLリンクケーブル別売

マルチプロセシングDACシステム「STATE A6」シリーズの上位バージョンとして、単独使用から最大10台まで連携使用できる3Way・6chステレオ仕様機「STATE A6R」(標準拡張ファームウェア搭載)を2016年7月上旬より、左右完全独立・デュアルモノラル2台使用に特化した3Way・3chモノラル構成専用機「STATE A6R DUAL」(LR拡張ファームウェア搭載)を2016年5月上旬より、全チャンネル完全独立・モノブロック6台使用に特化した1Way・1chモノラル構成専用機「STATE A6R MONO」(MONO-SIX拡張ファームウェア搭載)を2016年6月上旬から発売される。

「STATE A6R」シリーズは、既発売の「STATE A6」をベースに3タイプの拡張ファームウェアを搭載し、複数台の連携使用や機能拡張を実現するBEWITHマルチプロセシングDACシステムの上位バージョンとなる。

本シリーズの開発にあたって、ファームウェアの変更に伴う各部の最適化に加え、アナログオーディオ回路を中心に専用パーツを投入した特別な音質チューニングを実施し、音の基本クオリティもさらに向上させている。

また外装には新たに、サンライズレッド・クリアーグロス塗装仕上げの音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」ボディを採用した。「STATE A6R」シリーズの製品ラインアップは、単独使用から最大10台までの連携使用に対応した3Way・6chステレオ仕様機の「STATEA6R」(標準拡張ファームウェア搭載)、左右完全独立のデュアルモノラルシステムを構築するための3Way・3chモノラル構成専用機「STATE A6R DUAL」(LR拡張ファームウェア搭載、2台1組)、全チャンネル完全独立の3Way・6chモノブロックシステムを構築するための1Way・1chモノラル構成専用機「STATE A6R MONO」(MONO-SIX拡張ファームウェア搭載、6台1組)の3モデルとなっている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top