『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90” & “NR-MZ90PREMI”プロ・ショップ、かく語りき! #7: ウェイブ トゥ ポート(鳥取県) | Push on! Mycar-life

『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90” & “NR-MZ90PREMI”プロ・ショップ、かく語りき! #7: ウェイブ トゥ ポート(鳥取県)

人気沸騰中の『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90シリーズ”。その実力・魅力をより深く探るべく全国の実力ショップに取材している当企画。新春第1回目となる今回は、鳥取県の実力ショップ、ウェイブ トゥ ポートの山本さんにご登場いただく。山本さんはこのユニットをどのように評価しているのか…。

カーオーディオ 特集記事
『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90” & “NR-MZ90PREMI”プロ・ショップ、かく語りき!


人気沸騰中の『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90シリーズ”。その実力・魅力をより深く探るべく全国の実力ショップに取材している当企画。新春第1回目となる今回は、鳥取県の実力ショップ、ウェイブ トゥ ポートの山本さんにご登場いただく。山本さんはこのユニットをどのように評価しているのか…。

早速、山本さんのお話をご紹介していこう。まずは“NR-MZ90PREMI”のファーストインプレッションからお聞きした。

「早々にオーダーをいただいていたお客様のクルマに装着し、その時に初めて音を聴いたんですね。音が出た瞬間に、前作とは全然違う、と感じました。まったく別物です。インパクトは大きかったですね。

事前の情報では、“電源・スピーカーハーネス”が新しくなるが、中身は大きく変わっていない、と聞いていましたので、想定以上の音の良さに余計にびっくりしましたね。ハーネスが変わったことが音に効いているのは明らかですが、内部も相当に進化しているはずです。でなければここまで変わらないと思いますよ。トピックになるような大きな設計上の変更点はないにしても、細部のこだわり、厳選した素材の良さ、仕上げの丁寧さ等、かなり綿密に煮詰められていることがうかがえますね。

サウンドが全体的にスッキリしました。見通しがいいんですよ。情報量も上がっていますし、スピード感も増しています。ワンランク上の製品に仕上がっていますね」


MZ90PREMI搭載マシンウェイブ トゥ ポート(鳥取県))



ところで山本さんは、そもそも『DIATONE SOUND.NAVI』のことをどう評価していたのだろうか。

「『DIATONE SOUND.NAVI』は、カーオーディオ業界の活性化に大きく貢献していますよね。これをきっかけにして、多くの方がカーオーディオを始めていますから。この製品が登場する以前は、音に興味があってご来店いただいても、1DINの専用機を見せられると身構えてしまう方が多かった。センタークラスターにカーナビが入っていたら簡単にセットできるスペースがないわけですし。それに対して『DIATONE SOUND.NAVI』ならば、カーナビも使えて、地デジもDVDも観られて、その上でハイエンド機並の音が楽しめる。これをお見せするとお客様の緊張が和らぐんですよ。『DIATONE SOUND.NAVI』目当てでいらっしゃる方も多いですしね。愛好家の裾野を広げてくれていることは間違いありません。

1年ごとに新作が出てくることも素晴らしいと思うんです。毎年モデルチェンジされるカーオーディオユニットはほとんどありませんから。新しいものが出るとやっぱりワクワクしますよね。良い刺激になります」


MZ90PREMI搭載マシンウェイブ トゥ ポート(鳥取県))MZ90PREMI搭載マシンウェイブ トゥ ポート(鳥取県))



さて、エントリーユーザーを開拓し続けてきた『DIATONE SOUND.NAVI』だが、発展性についてはどうなのだろうか。

「システムアップしていかないともったいないですよね。これだけの音ですから。何かをすれば、即、反応してくれます。アンプの追加、ケーブル交換、音質向上パーツの追加、デッドニング…。手をかけただけ音が良くなっていきます。じっくり楽しんでいただきたいですね」

では、まとめよう。以下が山本さんの見解の要旨だ。


  • 前作と比べワンランク上の製品、というレベルで音が良くなっている。


  • カーオーディオ愛好家の裾野を広げ、業界を刺激する、名シリーズ。


  • 手をかけただけ反応してくれる→システムアップのしがいがある製品。


新しい『DIATONE SOUND.NAVI』“NR-MZ90シリーズ”が実力機であることは、山本さんの話からも明らかだ。購入を検討している貴方。迷う必要は、なさそうだ。


《太田祥三》
page top