2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート #1: 優勝車両編 | Push on! Mycar-life

2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート #1: 優勝車両編

#1: 優勝車両編6月8日(日)に大阪府南港ATC野外ピロティーでBEWITHサウンドカップ2014が開催された。天候にも恵まれ、時折吹く海風に気持ちよさを感じながら楽しく一日を過ごす事が出来た。コンテストは4クラスにカテゴライズされ、90台弱のBEWITHユーザーカーが集い音の質を競い合う。今週は厳正な審査を経て見事優勝したクルマを紹介しよう。HONDA オデッセイ 矢野浩さん by Proshop vogue(ヴォーグ)プレミアコース優勝(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)BEWITHサウンドカップ最高峰クラスで優勝したのは全国各地から多くのBEWITHユーザーが訪れる千葉の名店ヴォーグからエントリーした矢野さんのオデッセイ。STATE MM-1D Sunriseをダイレクトに接続出来るAZ-1CC Sunriseを搭載し、フロントスピーカーにConfidenceII、サブウーファーにC-180IIを1発、ドライブするパワーアンプはA-110SBS01が5機という仕様。無音から鋭く立ち上がって芯のある音は緻密さとふくよかさを合わせ持つ極上のサウンド。定位に作られた感は全く無く、あくまで自然に立体的にステージを形成している。低域から高域まで無理な部分無く生々しさを感じ、機材の能力を活かしきった見事なサウンドであった。プレミアコースリザルト第1位HONDA オデッセイ矢野浩さんプロショップ ヴォーグ第2位LEXUS GS300h多胡勝明さんカーブティック ボーントゥラン第3位Audi RS4米口勲さんプロショップ ヴォーグ第4位Range Rover イヴォークフジさんスーパーオートバックス浜松 ビーチパイン第5位MAZDA アテンザ前澤稔さんプロショップ ヴォーグページ先頭にもどるBMW 320d 九島健一郎さん by スーパーオートバックス浜松Beach Pineゴールドコース優勝(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)全国スーパーオートバックスの中でもHi-Fiオーディオで特に多くの結果を残しているスーパーオートバックス浜松 ビーチパインからエントリーした九島さんのBMWは友人であるS氏と一緒に登場。STATE MM-1DからBEWITHSTATEを2機使い、ConfidenceII Sunrise+C-180II Sunrise、R-107S BS01Ltdが5機というシステム構成。SN感が非常に高くステージは広く深く造り込まれ理路整然とクセを全く感じさせないフラットな音調。音源をそのままに表現していると感じさせる正統派な音楽再生であった。ゴールドコースリザルト第1位BMW 320d(F30)九島健一郎さんスーパーオートバックス浜松 ビーチパイン第2位HONDA シビック タイプR(FD2)有田安秀さんカスタムオート マルタ第3位VW ザ・ビートル前田浩さんニューイング第4位TOYOTA プリウス太田浩史さんスーパーオートバックス浜松 ビーチパイン第5位Audi A5 クーペ佐久間和彦さんプロショップ ヴォーグページ先頭にもどるBMW Active Hybrid3 鈴木武臣さん by Proshop vogue(ヴォーグ)ブラックコース優勝(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)今回プレミアコース & ブラックコースの2冠を達成した千葉県のヴォーグからエントリーした鈴木さんのBMW Active Hybrid3。STATE MM-1DからBEWITHSTATEへダイレクトに繋ぎ、フロントスピーカーはConfidenceIISunriseをエンクロージャーに収め、リアシート裏にサブウーファーC-180IISunriseを2発装着。それを駆動するパワーアンプにR-107SBS01を6機搭載したシステム。際立った透明感とスピード感が特徴で、全帯域が伸びやかにストレス無く再生されている。あくまで自然にフラットに音作りをするショップのポリシーが見事に反映されているクルマであった。ブラックコースリザルト第1位BMW アクティブハイブリッド3(F30)鈴木武臣さんプロショップ ヴォーグ第2位TOYOTA クラウンアスリート ハイブリッド小林慎一さんカーブティック ボーントゥラン第3位HONDA フィット佐藤政英さんプロショップ ヴォーグ第4位HONDA オデッセイ片山祐介さんヴァイブス第5位MAZDA CX-5伊藤貴之さんラルースページ先頭にもどるMAZDA アクセラ 高野雄一さん by カーオーディオスタジアムBE-FITコース優勝(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)ビギナーからハイエンドまで多くのユーザーが集い、国内外数多くのブランドを扱って理想の音を実現してくれる大阪のカーオーディオスタジアムからエントリーした高野さんのアクセラ。MM-1D SunriseからAZ-1に接続し、BE-FIT2wayをピラーとドア純正位置にインナーでマウント。サブウーファーにもBE-FIT2発使用してA-110S BS01LTDを6機で駆動するシステム構成だ。BE-FITだからこれぐらいの音だろうなという概念を完全に覆してくれるサウンド。その音はインナーで取り付けてあっても繊細で曇り無く艶やかに伸びきっていて、BE-FITでは比較的薄くなりやすい高域まで適度な厚みを持って再生する。サブウーファーとの繋がりも非常に良く低域はミッドバスに無理をさせず上手に役割分担をしているのであろう。このまま上のコースにエントリーしても十分通用すると感じたサウンドであった。BE-FITコースリザルト第1位MAZDA アクセラ高野雄一さんカーオーディオスタジアム第2位TOYOTA プリウス矢野亘さんプロショップ ヴォーグ第3位SUZUKI スイフトスポーツ土居裕也さんラルース第4位LEXUS IS300h磯部智昭さんスーパーオートバックス浜松 ビーチパイン第5位Mercedes Benz Cクーペ(W204)内田優里さんプラチナページ先頭にもどる

カーオーディオ 特集記事
2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート

#1: 優勝車両編

6月8日(日)に大阪府南港ATC野外ピロティーでBEWITHサウンドカップ2014が開催された。天候にも恵まれ、時折吹く海風に気持ちよさを感じながら楽しく一日を過ごす事が出来た。コンテストは4クラスにカテゴライズされ、90台弱のBEWITHユーザーカーが集い音の質を競い合う。今週は厳正な審査を経て見事優勝したクルマを紹介しよう。

HONDA オデッセイ 矢野浩さん by Proshop vogue(ヴォーグ)プレミアコース優勝

HONDA オデッセイ by proshop vogue

(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)

プレミアコース優勝 HONDA オデッセイ by proshop vogue#1プレミアコース優勝 HONDA オデッセイ by proshop vogue#2プレミアコース優勝 HONDA オデッセイ by proshop vogue#3プレミアコース優勝 HONDA オデッセイ by proshop vogue#4プレミアコース優勝 HONDA オデッセイ by proshop vogue#5

BEWITHサウンドカップ最高峰クラスで優勝したのは全国各地から多くのBEWITHユーザーが訪れる千葉の名店ヴォーグからエントリーした矢野さんのオデッセイ。STATE MM-1D Sunriseをダイレクトに接続出来るAZ-1CC Sunriseを搭載し、フロントスピーカーにConfidenceII、サブウーファーにC-180IIを1発、ドライブするパワーアンプはA-110SBS01が5機という仕様。無音から鋭く立ち上がって芯のある音は緻密さとふくよかさを合わせ持つ極上のサウンド。定位に作られた感は全く無く、あくまで自然に立体的にステージを形成している。低域から高域まで無理な部分無く生々しさを感じ、機材の能力を活かしきった見事なサウンドであった。

プレミアコースリザルト
第1位

HONDA オデッセイ

矢野浩さん

プロショップ ヴォーグ

第2位

LEXUS GS300h

多胡勝明さん

カーブティック ボーントゥラン

第3位

Audi RS4

米口勲さん

プロショップ ヴォーグ

第4位

Range Rover イヴォーク

フジさん

スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン

第5位

MAZDA アテンザ

前澤稔さん

プロショップ ヴォーグ

BMW 320d 九島健一郎さん by スーパーオートバックス浜松Beach Pineゴールドコース優勝

BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン

(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)

ゴールドコース優勝 BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン#1ゴールドコース優勝 BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン#2ゴールドコース優勝 BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン#3ゴールドコース優勝 BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン#4ゴールドコース優勝 BMW 320d by スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン#5

全国スーパーオートバックスの中でもHi-Fiオーディオで特に多くの結果を残しているスーパーオートバックス浜松 ビーチパインからエントリーした九島さんのBMWは友人であるS氏と一緒に登場。STATE MM-1DからBEWITHSTATEを2機使い、ConfidenceII Sunrise+C-180II Sunrise、R-107S BS01Ltdが5機というシステム構成。SN感が非常に高くステージは広く深く造り込まれ理路整然とクセを全く感じさせないフラットな音調。音源をそのままに表現していると感じさせる正統派な音楽再生であった。

ゴールドコースリザルト
第1位

BMW 320d(F30)

九島健一郎さん

スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン

第2位

HONDA シビック タイプR(FD2)

有田安秀さん

カスタムオート マルタ

第3位

VW ザ・ビートル

前田浩さん

ニューイング

第4位

TOYOTA プリウス

太田浩史さん

スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン

第5位

Audi A5 クーペ

佐久間和彦さん

プロショップ ヴォーグ

BMW Active Hybrid3 鈴木武臣さん by Proshop vogue(ヴォーグ)ブラックコース優勝

BMW Active Hybrid3 by proshop vogue

(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)

ブラックコース優勝 BMW Active Hybrid3 by proshop vogue#1ブラックコース優勝 BMW Active Hybrid3 by proshop vogue#2ブラックコース優勝 BMW Active Hybrid3 by proshop vogue#3ブラックコース優勝 BMW Active Hybrid3 by proshop vogue#4ブラックコース優勝 BMW Active Hybrid3 by proshop vogue#5

今回プレミアコース & ブラックコースの2冠を達成した千葉県のヴォーグからエントリーした鈴木さんのBMW Active Hybrid3。STATE MM-1DからBEWITHSTATEへダイレクトに繋ぎ、フロントスピーカーはConfidenceIISunriseをエンクロージャーに収め、リアシート裏にサブウーファーC-180IISunriseを2発装着。それを駆動するパワーアンプにR-107SBS01を6機搭載したシステム。際立った透明感とスピード感が特徴で、全帯域が伸びやかにストレス無く再生されている。あくまで自然にフラットに音作りをするショップのポリシーが見事に反映されているクルマであった。

ブラックコースリザルト
第1位

BMW アクティブハイブリッド3(F30)

鈴木武臣さん

プロショップ ヴォーグ

第2位

TOYOTA クラウンアスリート ハイブリッド

小林慎一さん

カーブティック ボーントゥラン

第3位

HONDA フィット

佐藤政英さん

プロショップ ヴォーグ

第4位

HONDA オデッセイ

片山祐介さん

ヴァイブス

第5位

MAZDA CX-5

伊藤貴之さん

ラルース

MAZDA アクセラ 高野雄一さん by カーオーディオスタジアムBE-FITコース優勝

MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム

(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)

BE-FITコース優勝 MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム#1BE-FITコース優勝 MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム#2BE-FITコース優勝 MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム#3BE-FITコース優勝 MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム#4BE-FITコース優勝 MAZDA アクセラ by カーオーディオスタジアム#5

ビギナーからハイエンドまで多くのユーザーが集い、国内外数多くのブランドを扱って理想の音を実現してくれる大阪のカーオーディオスタジアムからエントリーした高野さんのアクセラ。MM-1D SunriseからAZ-1に接続し、BE-FIT2wayをピラーとドア純正位置にインナーでマウント。サブウーファーにもBE-FIT2発使用してA-110S BS01LTDを6機で駆動するシステム構成だ。BE-FITだからこれぐらいの音だろうなという概念を完全に覆してくれるサウンド。その音はインナーで取り付けてあっても繊細で曇り無く艶やかに伸びきっていて、BE-FITでは比較的薄くなりやすい高域まで適度な厚みを持って再生する。サブウーファーとの繋がりも非常に良く低域はミッドバスに無理をさせず上手に役割分担をしているのであろう。このまま上のコースにエントリーしても十分通用すると感じたサウンドであった。

BE-FITコースリザルト
第1位

MAZDA アクセラ

高野雄一さん

カーオーディオスタジアム

第2位

TOYOTA プリウス

矢野亘さん

プロショップ ヴォーグ

第3位

SUZUKI スイフトスポーツ

土居裕也さん

ラルース

第4位

LEXUS IS300h

磯部智昭さん

スーパーオートバックス浜松 ビーチパイン

第5位

Mercedes Benz Cクーペ(W204)

内田優里さん

プラチナ

《藤澤純一》
page top