【Rockford Fosgate】220台限定!メイドインジャパンのハイエンドスピーカー『J5653-S』に大接近! #1: 最速インプレッション編 | Push on! Mycar-life

【Rockford Fosgate】220台限定!メイドインジャパンのハイエンドスピーカー『J5653-S』に大接近! #1: 最速インプレッション編

日本で企画・開発・製造されるロックフォードのJモデル、その最上級グレードのJ5653-Sがついに発表された。

カーオーディオ 特集記事
220台限定! メイドインジャパンのロックフォードハイエンドリミテッドスピーカー、J5653-Sに大接近!

日本で企画・開発・製造されるロックフォードのJモデル、その最上級グレードのJ5653-Sがついに発表された。

このモデルは220台限定というプレミアモデルで、価格は高いがそのコストパフォーマンスの高さから、確実に売り切れになることが予想される。その気になる中身を4週に渡ってレポートする。まずは一番気になる音質チェックだ!

J5653-Sはネットワークレスの3ウェイスピーカーで、アメリカ本国で開発されたものではなく、J3652-Sと同じく、輸入元のイース・コーポレーションが、まっさらの状態から企画・開発したスピーカーシステムだ。日本発にこだわり、金属振動板にウルシ塗装をかけるなど、これまでのスピーカーとはひと味もふた味も違うスピーカーだ。開発の経緯や素材、構造など、お伝えすべきことがたくさんあるのだが、なによりもお伝えしなければいけないのはその音だ。なにぶん価格が35万7000円と高価なのだが、220台という限定数により、メーカーデモカーも作るかどうかも定かではない。購入検討者にとっては、音がわからないのでは購入に踏み切りにくいはず。今回メーカーの試聴室という特殊な環境ながらも聴かせてもらうことができたので、取り急ぎファーストインプレッションをお届けしよう。


220台限定! メイドインジャパンのロックフォードハイエンドリミテッドスピーカー、J5653-Sに大接近! #1: <span>最速インプレッション編</span><br />


試聴時のシステムはDEH-P01とパワーアンプにロックフォードのT600.2を3台使用し、3ウェイマルチシステムを構築し、DEH-P01はUSBでWAVファイルを再生した。さてその音だが、トゥイーターとミッドレンジの振動板はチタンで、ウーファーはアルミという、完全なる金属振動板スピーカーにも関わらず、その音色は金属特有の硬さはなく、繊維系振動板や樹脂系の音とも違う、耳になじみやすい高品位な音であった。これまで聴いた振動板の中では紙に近いが、より明瞭感と解像感が高く、音の粒立ちが際立っている。しかし、粒自体が小さく、シャープネスをかけ過ぎた感じは一切せず、女性ボーカルのツヤや息継ぎ時の音が消える瞬間の色っぽさもていねいに描写されている。また楽器もキャラクターが鮮明で肉付けも最小限のため、リアルな音を響かせるし、オーケストラではパート内での音の微小な音の差も再現されるほどだ。これでプロセッサーやパワーアンプをさらに上級のグレードにしたならば、どんな音楽再現がなされるのかとワクワクしてしまうほどの音だった。


220台限定! メイドインジャパンのロックフォードハイエンドリミテッドスピーカー、J5653-Sに大接近! #1: <span>最速インプレッション編</span><br />


また、アクティブネットワークシステムなので、ネットワークに関してクロスポイントやスロープ、レベルをいじってみたが、このセッティングで音色ではなく音がガラッとかわることを確認した。入力信号に対するレスポンスの良さ、振動板の制御の巧みさ故の音の変化で、まさしくハイエンドスピーカーならではの楽しさと難しさを持っていた。

J5653-Sは、これまでのハイエンドスピーカーとは違う、いい意味で個性的な、新たな音の境地を見せてくれた。今後の予定としては、開発経緯、素材と構造、使いこなしに関してを順次レポートしていく。次回はこのスピーカーの使いこなしに関する考察をお届けするのでお楽しみに。

《編集部》

関連ニュース

特集

page top