三菱 エクスパンダークロス 新型に新しい「ダイナミックシールド」…インドネシアモーターショー2022 | Push on! Mycar-life

三菱 エクスパンダークロス 新型に新しい「ダイナミックシールド」…インドネシアモーターショー2022

◆三菱自動車で世界3番目の販売実績 ◆台形モチーフの大型グリルにガードバー形状のバンパーを組み合わせ ◆車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインパネ ◆フロント左右輪の制動力を調整して旋回性を高める「AYC」を新採用

自動車 ニュース
三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型
  • 三菱 エクスパンダー・クロス 新型

三菱自動車は8月11日、新型クロスオーバーMPVの『エクスパンダー・クロス』を、「GIIAS 2022」(インドネシアモーターショー2022)で初公開した。インドネシアで現地生産し、インドネシアをはじめ、アセアン地域を中心に順次販売していく予定だ。

◆三菱自動車で世界3番目の販売実績

エクスパンダー・クロスは、クロスオーバーMPVの『エクスパンダー』をベースに、SUVらしい力強さと高い走行性能、快適な乗り心地を実現したシリーズ最上位モデルだ。

2019年にインドネシアで発売後、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカと販売市場を拡大。2017年に発売した『エクスパンダー』と合わせると、累計販売台数は2022年7月末までに、47万台以上に到達した。2021年度は11万台以上と、三菱自動車で世界3番目の販売実績となっている。

新型エクスパンダー・クロスは、フロントとリアのデザインを一新して、さらにSUVらしく力強いスタイリングを追求した。また、フロント左右輪の制動力を調整して、旋回性を高める「アクティブ・ヨー・コントロール(AYC)」などの採用により、走行時の安心感や乗り心地を向上させているという。

◆台形モチーフの大型グリルにガードバー形状のバンパーを組み合わせ

フロントでは、デザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を進化させ、台形モチーフの大型グリルにガードバー形状のバンパーを組み合わせることで、SUVらしい力強さを表現した。ヘッドライトはワイド感を強調する特徴的なTシェイプデザインを採用。従来はヘッドライトユニットの下に配置していたウインカーを、上部のポジションランプに組み込み、被視認性を高めた。また、前後合わせて95mm延長したオーバーハングと厚みを増したエンジンフードで、ダイナミックさと安定感を増したプロポーションにしたという。

17インチのアルミホイールには、ミディアムグレーの2トーン切削光輝仕上げのラウンドリムタイプを採用した。前後スキッドプレートとドアガーニッシュのグレー塗装とコーディネートし、立体感を持たせることで、SUVらしいスポーティさと力強さを表現する。また、ルーフレールはブラックとし、全体の印象を引き締めている。

リアでは、テールゲートをより立体的な形状とし、分割線を減らして質感を高めた。テールランプは、水平基調のTシェイプテールランプを、よりワイドで安定感のあるデザインにするとともに、従来のテールランプとバックランプに加えて、ストップランプもLEDとし、夜間の後方からの被視認性を向上させている。

◆車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインパネ

ボディカラーは、グリーンブロンズメタリックを新設定した。その他、クォーツホワイトパール、ブレードシルバーメタリック、グラファイトグレーメタリック、ジェットブラックマイカを用意している。

インテリアでは、室内の広がりを強調するとともに、走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調の「ホリゾンタル・アクシス」コンセプトのインストルメントパネルに、大径の4本スポークステアリングを新たに採用した。

8インチのカラー液晶メーターを採用。ステアリングホイールのスポーク部に配置されたスイッチを操作すれば、平均燃費や瞬間燃費などの運転情報や、AYCの作動状態などの車両情報をメーターで確認することができる。

◆フロント左右輪の制動力を調整して旋回性を高める「AYC」を新採用

フロント左右輪の制動力を調整して旋回性を高めるAYCを新たに採用した。ハンドル角、ヨーレイト、横G・前後G、ブレーキ圧、車輪速などの情報から、ドライバーの操作や車両挙動を正確に判断し、運転操作に忠実な車両挙動となるよう、ブレーキ制御による前左右輪間のトルクベクタリングを行う。滑りやすい路面での旋回時には、コーナー内側の前輪にブレーキをかけるAYCの制御によって、アンダーステアを抑制する。ABSと「アクティブ・スタビリティ・コントロール(ASC)」も協調させる。

サスペンションは、フロントのストラット取付け部の剛性を向上させた。リアは、ショックアブソーバーのシリンダーサイズを拡大するとともに、前後とも高性能バルブを新採用している。

《森脇稔》

特集

page top