DS 7クロスバック 改良新型、車名は『DS 7』に…新フロントマスク 欧州発表 | Push on! Mycar-life

DS 7クロスバック 改良新型、車名は『DS 7』に…新フロントマスク 欧州発表

◆新しいグリルとデイタイムランニングライトで表情一新 ◆DSならではの「OPERA」インテリア ◆スポーティな「DSパフォーマンスライン」仕様を設定

自動車 ニュース
DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型
  • DS 7 改良新型

DSは6月27日、改良新型『DS 7クロスバック』(DS 7 CROSSBACK)を欧州で発表した。DSブランドの最上位SUVが、2017年のデビュー以来、初の大幅改良を受けている。大幅改良を機に、車名は『DS7』に変更された。

◆新しいグリルとデイタイムランニングライトで表情一新

改良新型には、ヘッドライトに「DSピクセルLED」の最新バージョン「3.0」を採用する。フロントマスクは、大型化されたグリルや新デザインのデイタイムランニングライト「DS LIGHT VEIL」が新しい。

レンズの内部を渦巻きデザインとしたLEDテールランプも新しい。このLEDテールランプは、ダークメタリック仕上げとした。トランクリッドとエンブレムは、よりシャープなラインに変更された。従来の「CROSSBACK」に代えて、「DS AUTOMOBILES」のロゴが配され、視覚的に引き伸ばされたリアデザインを強調している。

アルミホイールも新デザインとした。インサートを備えた新しい19インチの「EDINBURGH」と「SILVERSTONE」ホイールは、エアロダイナミクス性能を向上させると同時に、新デザインによって大径に見える効果を発揮するという。

◆DSならではの「OPERA」インテリア

DSならではの「OPERA」インテリアは、バサルトブラックとパールグレーの2色のナッパレザーが選択できる。ナッパレザートリムには、ドレープ効果のある新しい仕上げがダッシュボードとドアパネルに施された。縫い目や継ぎ目がなく、天然レザーのような感触と見た目を実現するという。DS LIGHT VEILのシグネチャーを彷彿とさせるラインをエンボス加工することで、レザーの品質をさらに向上させている。

インテリアの細部へのこだわりは、新しいホワイトとゼファーの内装色に施されるパールステッチや、レザーで覆われたエアバッグを備えたフルグレインレザーのステアリングホイール、DSならではの「ClousdeParis」エンボスインサートにも表現している。パールグレーの内装色で初めて、ウォッチストラップパターンが選択できるようになった。

内装色には、「RIVOLI」ブラックと呼ばれる新色を導入した。より目立つクローディアレザー仕様と組み合わせたステッチパッドトリムを持つRIVOLIインテリアも用意している。

◆スポーティな「DSパフォーマンスライン」仕様を設定

「DSパフォーマンスライン」仕様を設定する。標準仕様では、クロームのDSウィングとリアガーニッシュを、DSパフォーマンスラインはマットブラックに仕上げに変更する。フロントグリルのひし形の格子やルーフレールは、ツヤを出したブラックで仕上げた。ディテールを黒で統一しつつも、さまざまなツヤ感、素材感、質感を使い分けることで、豊かな表情を生み出すことを狙う。

アートフィニッシュレザーで覆われたダッシュボード、センターコンソール、ドアトリムは、アルカンターラで仕上げる。さらに、カーマインレッドとゴールドのステッチをアクセントに配した。DSならではのオリジナリティを表現したダイヤモンドパターンのアルカンターラのシートステッチ、スポーティなパーフォレーテッド加工のDシェイプステアリングホイールも装備した。

専用の19インチホイールには、235/50R19サイズのタイヤを組み合わせた。この19インチアルミホイールは、切削加工による輝きが強調されている。また、センターキャップのカーマインレッドをアクセントにした。パフォーマンスライン専用のフロアマットやフロントドアステップガードも採用している。


ニンテンドーDSi ホワイト【メーカー生産終了】
¥16,200
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《森脇稔》

特集

page top