Hondaのハイブリッド「e:HEV」は電気が主役! フィットで心地よい走りを実感 【世界に、あたらしい気分を。】 | Push on! Mycar-life

Hondaのハイブリッド「e:HEV」は電気が主役! フィットで心地よい走りを実感 【世界に、あたらしい気分を。】

モーター走行を主体に電気エネルギーやエンジン動力をもっとも効率よく使い分けて、低燃費で気持ちよく走ることのできる、賢いハイブリッド。そんな「e:HEV」を搭載したHonda(ホンダ)フィットを駆り、ライターの深山幸代さんとドライブに出かけてみた。

自動車 試乗記
Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • Honda フィット CROSSTAR e:HEV
  • 岡本幸一郎氏
  • 深山幸代氏

コンパクトカーらしい取り回しのよさとコンパクトカーらしからぬ広い室内空間を兼ね備えたHonda『フィット』は、初代の誕生以来ずっと、その使い勝手のよさが受けて人気を博してきた。

そんな持ち前の強みに加え、現行フィットはこれまでにも増して“心地よさ”を徹底的に追求して開発された。開放的な視界や快適な乗り心地、上質なインテリアなどは他のなみいるコンパクトカーとは一線を画する。そして、その“心地よさ”の一翼を担っているのが、今回紹介する「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の走りだ。

Hondaには現在3タイプのハイブリッドシステムがある。中でも、今後の主力となっていく「e:HEV」がフィットクラスのコンパクトカーに搭載されたのは初めて。

フィットのハイブリッドシステムは世代が変わるたび新しいシステムに更新されていることになるが、思い起こせば数年前、同様のシステムをいちはやく採用した『アコード』や『オデッセイ』など上級機種を初めてドライブしたときにも、燃費のよさと気持ちのよい走りに大いに感心したものだ。その走りがあまりに印象的だったので、ゆくゆくはフィットクラスにも導入されるとよいのに思っていたら、まさしくそうなったのが4代目となる現行フィットである。

システムの概要は、アトキンソンサイクルの1.5Lエンジンに発電用と走行用の2つのモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、走行状況に合わせてEVドライブモード、ハイブリッドドライブモード、エンジンドライブモードの3つのモードを適宜切り替えるという仕組みで、モーターとエンジンそれぞれの長所を引き出し、もっとも効率よく、かつ気持ちよく走れるよう自動的に制御してくれるのが特徴だ。

低速走行が主体となる日常シーンのほとんどでは「EVドライブモード」となり、バッテリーからの電気によりモーターのみで走行する。エンジンは止まったままなのでガソリンをまったく使うことがない。エンジン音もなく静かで、レスポンスがよく力強い走りを楽しめる。

強めに加速したいときには、エンジンがかかって発電用モーターを回して充電した電力を使って走行用モーターでタイヤを駆動する「ハイブリッドドライブモード」となる。

さらに、モーターよりもエンジンで走行したほうが効率のよい高速巡行時には、エンジンで直接タイヤを駆動する「エンジンドライブモード」となる。

これができるのも「e:HEV」の大きな特徴の一つに違いなく、これらにより低速から高速まであらゆるシーンにおいて優れた効率を実現しているわけだ。

モーター走行を主体に電気エネルギーやエンジン動力をもっとも効率よく使い分けて、低燃費で気持ちよく走ることのできる、まさしく“いいとこ取り!”の賢いハイブリッド。そんな「e:HEV」を搭載したフィットを駆り、ライターの深山幸代さんとドライブに出かけて、来るべき電動化車両の時代を先取りした画期的なシステムの走りをいろいろなシチュエーションで確かめてきたので、ぜひご覧いただきたい。

e:HEVの詳細はこちら

FIT e:HEVのスペシャルページはこちら

■試乗モデル
Honda フィット CROSSTAR e:HEV(サーフブルー&ブラック)
エンジン:1.5L DOHC i-VTEC+2モーターハイブリッド
サイズ:全長4090×全幅1725×全高1570mm
(メーカーオプション「ルーフレール」装着車)

撮影協力:PIZZERIA 武蔵野山居

※2020年12月23日撮影

《岡本幸一郎》

特集

page top