【レクサス LS 改良新型】静粛性と乗り心地を進化、価格は1073万円より | Push on! Mycar-life

【レクサス LS 改良新型】静粛性と乗り心地を進化、価格は1073万円より

レクサスは、フラッグシップセダン『LS』を改良し、11月19日より販売を開始した。また、高速道路などでのハンズオフを実現する高度運転支援技術「アドバンスドライブ」搭載車は2021年の発売を予定している。

自動車 ニュース
レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)
  • レクサス LS500h エグゼクティブ(銀影ラスター)

レクサスは、フラッグシップセダン『LS』を改良し、11月19日より販売を開始した。また、高速道路などでのハンズオフを実現する高度運転支援技術「アドバンスドライブ」搭載車は2021年の発売を予定している。

価格は3.5リットルV6ツインターボ搭載の「LS500」が1073万円から1580万円、ハイブリッドモデル「LS500h」が1219万円から1728万円。

静粛性と乗り心地を追求

3.5リットルV6ツインターボエンジンは、使用頻度の多い走行領域でのトルクの立ち上がりを向上させ、余裕のある力強い走りを実現した。具体的には、電動駆動方式で過給圧を制御するウェイストゲートバルブのバルブ開度を緻密に制御し、アクセル操作に対して発生するエンジントルクの精度を高め、車両の加速レスポンスを向上。また、シフトスケジュールを変更し、ギヤ段を維持したまま加速できる領域を拡げることで、シフトダウン頻度を低減した。

加えて、燃焼室形状の最適化により燃焼効率を高め、出力、燃費性能、静粛性を向上。さらにコンロッド形状の最適化やクランクシャフトのクランクピン径を拡大することで軽量化と、剛性向上による優れた静粛性を両立した。また、可変バルブタイミング機構(VVT)を油圧制御化し軽量化を図るとともに、オイルコントロールバルブをVVT内部に配置するセンタースプール構造で油路を短縮。応答性の向上も実現した。

減衰力可変ダンパーAVSは、新たに設計した油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大。これにより減衰力を低減し、上質な乗り心地を実現している。また、ランフラットタイヤの縦バネ剛性、スタビライザーバーのばね定数、バウンドストッパーの先端剛性を最適化。エンジンマウント内のオリフィスを変更することで減衰特性の変更を行い、室内に伝わる振動や衝撃を低減した。さらにシート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するとともに、新たに開発した低反発ウレタンパッドを採用。振動吸収と柔らかな座り心地により、快適性を向上させた。

鏡面のような新カラー「銀影ラスター」を採用

LS改良新型では、満月の前後数日間だけ見ることができる神秘的な自然現象「月の道」をモチーフに、内外装をコーディネート。僅かな光の変化で豊かな表情を浮かび上がらせ、存在感を感じられる魅力的なカラーデザインとコーディネートにより、心地良いくつろぎの空間と、唯一無二の移動体験を提供する。

エクステリアでは、ハイライトの美しい輝きと奥行きを感じる深い陰影を特徴とするシルバーの外板色「銀影(ぎんえい)ラスター」を新規開発した。蒸着アルミを高密度で敷き詰める最新の塗装技術を採用。鏡面のように粒子感をほとんど感じさせない滑らかな質感で、周囲の僅かな光も繊細にとらえ、時の移ろいや変化に呼応し、様々な表情を見せる。

フロントデザインは、バンパーコーナー部には縦基調のキャラクターラインを配置し、オーバーハングが短く見える意匠とすることで、LSならではの上質な走りを表現。新デザインの小型3眼ランプユニットとクリアランスランプの下には、ブレードスキャン(アダプティブハイビームシステム)を搭載。厚みのあるヘッドランプ形状で風格を際立たせた。また、サブラジエーターグリルをスクエア形状とし外側に配置、スピンドルグリルのメッシュカラーはダークメタリックに変更した。リアデザインでは、コンビネーションランプ内のメッキモールをピアノブラックに変更。厚みを感じるランプ形状とし、ヘッドランプとの調和とともに存在感を際立たせた。

インテリアもエクステリアに合わせて、時の移ろいの中で様々な表情を感じさせるデザインとした。オーナメントにプラチナ箔&西陣を新規設定し、西陣織の銀糸やプラチナ箔の輝きにより、月明りに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現している。

ハンドルとセンターコンソールのスイッチ類は黒で統一。使用頻度の高いシートヒーターとステアリングヒーターの操作画面表示スイッチをセンターコンソールに追加することで、操作性を向上させた。マルチメディアシステムは、新たにタッチディスプレイを採用するとともに、SmartDeviceLinkや、Apple CarPlay、Android Autoに対応。スマートフォンを12.3インチタッチワイドディスプレイに連携することで、利便性が大きく向上した。

高度運転支援技術を拡充・進化

LS改良新型では、高度運転支援技術「レクサス セーフティシステム +A」を全車に標準設定し、各機能を拡充・進化させした。

プリクラッシュセーフティについては、対応領域を拡大し、交差点右折時に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能になった。加えて低速時の衝突回避または被害軽減をサポートする低速時加速抑制などの機能を追加。カメラで主要な道路標識を読み取り、メーター内に表示する「ロードサインアシスト」は、最高速度120km/hまで表示する。

2021年発売予定のアドバンスドライブでは、高速道路などの運転において、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを実現。アクセル、ブレーキそしてハンドル操作からドライバーを解放し、長時間運転における疲労を軽減する。

さらに安全・安心でスムーズな駐車を実現する「アドバンストパーク」や、より大きな9.6インチディスプレイを採用しデジタルインナーミラーなどを装備する。

《纐纈敏也@DAYS》

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(2)
  ["name"]=>
  string(9) "自動車"
  ["url_name"]=>
  string(3) "car"
  ["disp_order"]=>
  int(200)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(14) "/category/car/"
  ["url"]=>
  string(21) "/category/car/latest/"
}
string(3) "car"
page top