ケンウッド、360°ドラレコ第2弾発売へ モニターレスでリーズナブルな価格を実現 | Push on! Mycar-life

ケンウッド、360°ドラレコ第2弾発売へ モニターレスでリーズナブルな価格を実現

ケンウッドは、360°撮影対応ドライブレコーダーの新ラインアップとしてモニターレスタイプの「DRV-CW560」を11月下旬より発売する。

自動車 ニュース
ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • ケンウッド DRV-CW560
  • 水平360°全方位録画対応
  • 360°動体検知対応「駐車監視録画機能」搭載

ケンウッドは、360°撮影対応ドライブレコーダーの新ラインアップとしてモニターレスタイプの「DRV-CW560」を11月下旬より発売する。

近年、あおり運転などさまざまな危険運転に対する危機感から、ドライブレコーダー市場では、前後だけでなく左右や車室内までカバーする360°対応の撮影に多くの要望が寄せられている。このニーズに対応し、ケンウッドでは2020年8月、同社初の360°全方位録画に対応するドライブレコーダー「DRV-C750」を発売。今回その第2弾として「DRV-CW560」を発売し、ラインアップを拡充する。

新製品は、360°の広範囲な映像でもフルハイビジョンの約2倍となる業界最高の2160×2160(約466万画素)の高解像度で録画できる。前方・後方・左右に加え、垂直方向は約210°まで対応。あおり運転や車室内での万が一のトラブルの際にも広範囲にわたって見守ることができる。

また、高感度のソニー製約840万画素CMOSセンサー「STARVIS」を搭載し、さらにF1.8の明るいレンズを採用するほか、明暗差が激しい環境下で起きやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑える「WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能」を搭載。夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強いだけでなく、総合的な画質を向上させた。

先行機種のDRV-C750と異なり、本体液晶モニターは非搭載。代わりに無線LAN機能を搭載し、録画映像はスマートフォンに転送して確認できる。専用アプリ「Street Tracker Mobile」を用意。360°全方位で記録された映像を「パノラマ」や「2分割」、「4分割」、「切り出し」など5種類のビューモードを選ぶことで、さまざまな画角で再生できる。

録画モードはさまざまな車両状況で記録できる4種類を搭載する。「常時録画」はエンジンON/OFFに連動して自動で録画がスタート/ストップ。「手動録画」は常時録画中でも録画ボタンを押せば、常時録画とは違うイベント記録フォルダにデータが記録する。「イベント記録」はGセンサーが突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると自動的にイベント記録フォルダに記録する。

「駐車監視録画」は、車載電源ケーブル「JVC CU-BC100」(別売)を使用することで、最長約10時間の駐車監視録画に対応。駐車中の衝撃や動体の検知にも対応し、検知前の5秒間と検知後の25秒間の計30秒間の録画が可能。また、タイムラプス録画にも対応し、長時間の撮影ファイルを短い時間で見ることができる。

市場推定価格(税別)は3万3000円前後。モニターレスや機能のシンプル化によってDRV-C750よりもリーズナブルな価格となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(2)
  ["name"]=>
  string(9) "自動車"
  ["url_name"]=>
  string(3) "car"
  ["disp_order"]=>
  int(200)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(14) "/category/car/"
  ["url"]=>
  string(21) "/category/car/latest/"
}
string(3) "car"
page top