BMW、初代 M3 と新型 M4クーペ のワンオフ発表…ファッションブランド「KITH」と協力 | Push on! Mycar-life

BMW、初代 M3 と新型 M4クーペ のワンオフ発表…ファッションブランド「KITH」と協力

◆モータースポーツでも活躍した初代M3 ◆縦長グリルが特長の新型M4クーペ ◆最大出力は480hpと510hpの2種類 ◆KITH創設者が所有する初代M3をフルレストア ◆初代M3と同じ赤で新型M4クーペを塗装

自動車 ニュース
BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMWの初代 M3 (1989年式)と新型 M4 クーペ のワンオフモデル
  • BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMWの初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル「E30ロニー・ファイグ・エディション」
  • BMWの初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル「E30ロニー・ファイグ・エディション」
  • BMWの初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル「E30ロニー・ファイグ・エディション」
  • BMWの初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル「E30ロニー・ファイグ・エディション」
  • BMWの初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル「E30ロニー・ファイグ・エディション」

BMWは10月15日、米国ニューヨーク発のファッションブランド、「KITH」(キス)と協力して、初代『M3』(1989年式)と新型『M4クーペ』のワンオフモデルを発表した。

モータースポーツでも活躍した初代M3

初代M3は1985年に発表された。『M1』用の3.5リットル直列6気筒エンジンから2気筒削って開発された2.3リットル直列4気筒エンジンは、最大出力200psを発生した。0~100km/h加速は6.7秒、最高速は230km/hと、スポーツカー顔負けのパフォーマンスを誇った。

また、初代M3はモータースポーツでも活躍した。1987年に世界ツーリングカー選手権を制したのをはじめ、同年のコルシカラリーでも栄冠を獲得した。初代M3は1990年に生産を終了するまで、累計1万7970台を販売するヒット作となった。

縦長グリルが特長の新型M4クーペ

一方、新型M4クーペは、新型『4シリーズクーペ』がベースの高性能なMモデルだ。ベース車両の新型4シリーズクーペと同様、縦長デザインのフロントグリルが採用された。ただし、グリルの内部は、新型4シリーズクーペのメッシュパターンから、新型M4クーペでは横バーを配した専用デザインに変更された。フレームレスのキドニーグリルと、その両側の大型エアインテークが空気の流れを最適化するとともに、高性能エンジンの冷却性を高めている。

フロントフェンダーには、エアダクトが追加された。前後バンパーやサイドシルは、エアロダイナミクス性能を追求した専用デザインだ。フロントバンパーの両サイドには、エアカーテンと一体化されたフリックが付き、高速域でのエアロダイナミクスを追求している。

リアスポイラーや4本出しで直径100mmのMテールパイプを組み込んだディフューザーも装備される。エグゾーストシステムには、電子制御フラップが付き、スポーティなサウンドを発生する。軽量化のために、フィンを備えたカーボンファイバー製ルーフが採用された。オプションで、「Mカーボンエクステリアパッケージ」が選択できる。

最大出力は480hpと510hpの2種類

パワートレインには、最新のBMW Mツインパワーターボテクノロジーを採用する。このエンジンは、「S58」型と呼ばれる直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボユニットだ。

BMW Mの他の高性能モデルと同様に、新型M4クーペには、2つのパフォーマンスレベルが用意される。標準仕様は、最大出力が480hp/6250rpm、最大トルクが56.1kgm/2650~6130rpmだ。トランスミッションは6速MT。BMWによると、純粋なパフォーマンス体験と、車両をダイレクトに操る感覚を好む顧客にとって、マニュアルトランスミッションモデルのバリエーションは、このセグメントで唯一の設定になるという。

動力性能は、0~100km/h加速が4.2秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、最高速が290km/h(リミッター作動)に引き上げられる。

さらなる高性能を求める顧客には、「コンペティション」を設定する。直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力が510hp/6250rpm、最大トルクが66.3kgm/2750~5500rpmに高められた。トランスミッションは「ドライブロジック」を搭載した8速「Mステップトロニック」を組み合わせる。

動力性能は、0~100km/h加速が3.9秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーズパッケージでは、最高速が290km/h(リミッター作動)に引き上げられる。

KITH創設者が所有する初代M3をフルレストア

BMWは米国ニューヨーク発のファッションブランド、「KITH」(キス)と協力して、初代M3(1989年式)と新型M4クーペのワンオフモデルを発表した。初代M3は「E30ロニー・ファイグ・エディション」と命名された。

この初代M3は、KITHブランドを立ち上げたロニー・ファイグ氏が所有している1台だ。ロニー・ファイグ氏は初代M3のフルレストアを、ドイツのBMW本社に依頼した。BMWは「BMWクラシックパーツ」を使用して、レストア作業に着手。オリジナル部品は、この初代M3が製造された1989年の設計仕様に対して100%本物であることが保証され、フルレストアが完成した。

また、ロニー・ファイグ氏の好みを反映させたカスタマイズも施された。ボンネット、トランク、アルミホイール、ステアリングホイールには、「Kith BMW Roundel」のエンブレムが装備された。トランクには「Kith Motorsport」のエンブレムを追加する。モノグラムレザーのインテリアには、シートに「Kith」のロゴがエンボス加工されている。

初代M3と同じ赤で新型M4クーペを塗装

一方、新型M4クーペのワンオフモデルは、「M4 デザインスタディ」と命名された。専用のカスタマイズが施されており、その狙いは、初代M3からの進化を表現すること。BMWとKITHは協力して、初代M3のイメージを、新型M4クーペに適用した。

ボディカラーは、すでに廃番となった「シナバーレッド」を復刻した。トランクには、KithMotorsportのエンブレムを装備した。室内は、ヘッドレストにKithのロゴを追加した。モノグラムレザーのインテリアには、シートにKithのロゴがエンボス加工されている。

なお、両車はワンオフモデルであり、販売の予定はない。KITHは、今回のBMWとの協力で重視したのは、過去と現在を橋渡しすること、としている。

《森脇稔》

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(2)
  ["name"]=>
  string(9) "自動車"
  ["url_name"]=>
  string(3) "car"
  ["disp_order"]=>
  int(200)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(14) "/category/car/"
  ["url"]=>
  string(21) "/category/car/latest/"
}
string(3) "car"
page top