カロッツェリア、ハイエンドモデル「PRSスピーカー」発売へ CSTドライバー初採用 | Push on! Mycar-life

カロッツェリア、ハイエンドモデル「PRSスピーカー」発売へ CSTドライバー初採用

パイオニアは、カロッツェリアスピーカーのハイエンドモデル「PRS(Pioneer Reference Series)スピーカー」 の新製品として、3ウェイスピーカー「TS-Z900PRS」と2ウェイハイレンジ「TS-HX900PRS」を9月より発売する。

カーオーディオ 新製品情報
TS-Z900PRS
  • TS-Z900PRS
  • TS-HX900PRS
  • 「TS-Z900PRS」に同梱されているセパレート型3ウェイクロスオーバーネットワーク
  • CSTドライバー ピラー取付イメージ
  • CSTドライバー ダッシュボード取付イメージ
  • ウーファー部取付イメージ
  • 手軽にフロント3ウェイシステムの構築が可能
  • トゥイーター部とミッドレンジ部を 同軸上に配置した「CSTドライバー」

パイオニアは、カロッツェリアスピーカーのハイエンドモデル「PRS(Pioneer Reference Series)スピーカー」 の新製品として、3ウェイスピーカー「TS-Z900PRS」と2ウェイハイレンジ「TS-HX900PRS」を9月より発売する。

新製品は、パイオニアのハイエンドオーディオブランド「TAD」のコア技術「CSTドライバー」を市販車載スピーカーに初採用。トゥイーターとミッドレンジを同軸上に配置することで到達時間に差が生まれず、安定した定位と豊かで自然な音場空間を実現する。

また、CSTドライバートゥイーター部のマッチングホーンとミッドレンジのコーン形状をシームレス化することで、トゥイーターの指向特性をコントロール。可聴帯域において左右の角度が軸上から外れても、軸上特性と遜色のない広指向特性を発揮する。

3ウェイスピーカー「TS-Z900PRS」は、中域を中心とした広帯域にわたりピーク・ディップの少ないフラットな周波数特性のウーファーを採用。原音に忠実な再生と低クロスオーバーにより中域における卓越した低歪みを実現。CSTドライバーの採用により、セパレート2ウェイタイプスピーカーと同等の取り付け方法でフロント3ウェイシステムを構築できる。「TS-HX900PRS」は、他のウーファーユニットと組み合わせられる2ウェイハイレンジモデルとなる。

両モデルとも各ユニットの性能を最大限に発揮し、豊富な情報量と自然な音場空間を実現するクロスオーバーネットワークのほか、CSTドライバー用のダッシュボード取付用台座とピラー取付用補助スペーサーを同梱する。

価格(税別)はTS-Z900PRSが12万8000円、TS-HX900PRSが7万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(1)
  ["name"]=>
  string(21) "カーオーディオ"
  ["url_name"]=>
  string(8) "caraudio"
  ["disp_order"]=>
  int(100)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(19) "/category/caraudio/"
  ["url"]=>
  string(26) "/category/caraudio/latest/"
}
string(8) "caraudio"
page top