【スズキ ハスラー 新型】新ジャンルの先駆者がパワーアップして帰ってきた![詳細画像] | Push on! Mycar-life

【スズキ ハスラー 新型】新ジャンルの先駆者がパワーアップして帰ってきた![詳細画像]

◆雰囲気をそのままに、SUV感を増したエクステリア ◆アウトドア用品のタフさがインテリアデザインのエッセンス ◆見た目だけの軽SUVにさよならを…

自動車 ニュース
スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)
  • スズキ ハスラー 新型 ハイブリッドX(2WD)

スズキの軽クロスオーバー『ハスラー』が、2014年の発売以来初のフルモデルチェンジ。ハスラーは、軽ワゴンとSUVを融合させた新たなジャンルを生み出したパイオニア的存在。新型では、外装はキープコンセプトだが、内装には大きな変更が見られる。

ボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mm。駆動方式は2WD と4WD の2種類から選択可能。

雰囲気をそのままに、SUV感を増したエクステリア

エクステリアでは、丸型ヘッドランプや独立したグリルなどの先代のキャラクターを引き継ぎながらも、SUV度を高めたデザインとなっている。先代と比べ大きく異なる点は、全体としてよりスクエアでタフなデザインに変わったところ。ボンネットを水平にし、ルーフを延長しバックドアを直立することでシックスライトを可能にした。

また、ホイールベースが35mm延長され、室内空間の拡充につながった。新型でもルーフ・クォーターパネルとボディとで外装色を分けるツートンカラーの選択が可能で、新色のバーミリオンオレンジとデニムブルーを含め全11色を設定している。

アウトドア用品のタフさがインテリアデザインのエッセンス

日常でアウトドアを楽しむ雰囲気を持たせるデザインを取り込んだという内装で、特に目を引く3連インパネカラーガーニッシュ。アウトドア用品が持つ頑丈さをモチーフにし、4.2インチカラー液晶メーター等、メーカーオプションの新開発の9インチHDディスプレイ搭載ナビ、収納ボックスをガーニッシュでゾーニングした。

「Apple CarPlay」や「Android Auto」などのコネクティッドシステムや駐車時の死角を無くす全方位モニターも搭載し、視認性や使いやすさを優先した作りになっている。内装色は、新色のバーミリオンオレンジとデニムブルー、グレーイッシュホワイトの3色から選択可能。インパネカラーガーニッシュ他、シートカラーアクセントやドアトリムカラーガーニッシュに彩色される。


インテリアでの変更はデザイン面だけでなくユーティリティーの面での改良も施された。リアシート背面とラゲッジフロア、アンダーボックスは汚れや水分を拭き取りやすい素材で作られている。取り外し可能なラゲッジアンダーボックスは、汚れてもまるごと洗える設計となっている。

見た目だけの軽SUVにさよならを…


新型に搭載されるパワーユニットは、ターボエンジンと新開発の自然吸気エンジンの2種類エンジンに、回生エネルギーで発電を行うISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド。4WD 車には、雪道やアイスバーンでのタイヤの空転を抑えるスノーモードやグリップコントロール、急な坂道を下る際に役立つヒルディセントコントロールを搭載。

安全性の向上も図られ、ターボ車には全速度域での追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールや車線逸脱抑制機能を、同社の軽自動車で初採用。夜間の歩行者も検知可能になった衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」やバック時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を標準装備している。

価格は136万5100円から174万8600円。

《滑川寛》

特集

page top