【ボルボ V60 T6 新型試乗】洗練された走りのPHEVは「賢い選択肢」だ…島崎七生人 | Push on! Mycar-life

【ボルボ V60 T6 新型試乗】洗練された走りのPHEVは「賢い選択肢」だ…島崎七生人

◆ボルボのプラグインハイブリッドEV ◆スムーズで洗練された走り ◆賢い選択肢

自動車 試乗記
ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION
  • ボルボ V60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION

ボルボのプラグインハイブリッドEV

“Twin Engine”は目下のボルボのPHEVを指す呼称で、エンジン(フロント)とモーター(リヤ)で駆動するAWDであるのが特徴だ。『V60』では、エンジンの性能違いで「T6」と「T8」の2モデルが用意されている。

今回の試乗車は「T6」。エンジンについては実はT8と同じ2リットルのターボ+スーパーチャージャーの仕様だが、専用のチューンで253ps/35.7kgm(T8は318ps/40.8kgm)の性能としている。ボルボはエンジン+モーターによるパワーの参考合算値は340ps(T8は405ps)と説明しており、いずれにしてもエンジンのみの「T5」を大きく凌ぐ動力性能の持ち主ということができる。


バッテリーはセンタートンネル部にスペースを確保し搭載しており、ほかにインバーターをラゲッジスペースの床下に搭載、フロアボードを持ち上げるとカーペットが盛り上がっていて「あ、ここにあるな」とわかる。とはいえ車重は2050kgとガソリン車のT5と較べると+350kgながら、前後重量配分は54:46とT5(56:44)より数値上は僅かながら“前寄り”となっている。

スムーズで洗練された走り


実車はシステムの作動が実にスムースで、自然で洗練された走りが実現されている。デフォルトは“Hybrid mode”だが、条件が許す限りかなりモーターで走ってくれ、エンジンの入り方も、それをほとんど意識させない。“Power mode”はその強化版で確かに加速など力強くなるが、いたずらに力づくな走りに豹変しないところがボルボらしい。

他方で“Pure mode”は最高速度120km/hまでモーター走行でカバーしてくれるモードとなっており、静粛性の高さはまさしくEVといったところ。とはいえ加減速時に感じるGはガソリン車に対し極端に違わず、なのでドライバーも同乗者もリラックスして乗っていられる……そんな印象だ。

またなめらかで重厚な乗り味を実現しながら、クルマの挙動が素直に感じられるのは、バッテリーがボディの中央に置いたことの副産物だろう。それとHybrid mode時のモーターとエンジンの使用領域を示すディスプレイの表示が見やすく、クルマを効率的に走らせるためにとても役立つ。

賢い選択肢


なお駆動用リチウムイオンバッテリーの容量については、仕様変更があり30Ahから34Ahに拡大されるとのこと(試乗車は変更前の個体)。これにより、カタログ記載のプラグインレンジでの走行距離が48.2km(変更前=45.1km)、WLTCモード燃費は13.7km/リットル(同・12.3km/リットル)となる。

いずれにしても、走行中に積極的に充電を行なう“Charge”モード、その電気を一定量保持しておく“Hold”モードを活用しながら、自宅に充電設備を持たずに乗れるのもPHEVのメリットだ。

ちなみに価格に着目するとベースグレードの“momentum”は659万円の設定だが、ここからエコカー減税、補助金分の少なくない額を差し引いて計算ができるうえ、さらに平日はEVとして乗る……など使用パターンが合致すれば長い目でみてガソリン代も節約ができる等、非常に賢い選択肢になると思える。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

特集

page top