【プジョー 508 新型試乗】伝統と奥義が息付いたボディと足回り…渡辺陽一郎 | Push on! Mycar-life

【プジョー 508 新型試乗】伝統と奥義が息付いたボディと足回り…渡辺陽一郎

◆従来の508との違いは居住性 ◆峠道をスポーティに走る1.6リットルターボ ◆長時間ドライブにピッタリのディーゼル

自動車 試乗記
プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)
  • プジョー 508 新型(GTライン)

プジョー『508』は、新型になって車両の性格を大きく変えた。プジョー・シトロエン・ジャポンでは「セダンは今でも重要だが、従来と同じ(居住性を重視する)タイプは受けない。そこで新しい508は、プレミアムな5ドアハッチバックに発展した」と説明する。

従来の508との違いは居住性


従来型のプジョー508は、後席を含めて、居住性の優れたセダン&ワゴンだった。それが新型では、全高を35mm低い1420mmに抑え、天井の低い5ドアハッチバックになった。

前席の居住性は快適だが、後席は先代型に比べると窮屈だ。足元空間が狭まり、床と座面の間隔も不足したから、膝の持ち上がる座り方になる。天井が後方へ下降するから、身長170cmの同乗者が座ると、頭部が天井に触れる。後席には閉鎖感が伴い、乗降性も良くない。

SUVの『5008』なら、天井も高いから後席も快適だが(『2008』と『3008』は狭い)、従来型の508から新型に乗り替えるユーザーは居住性に注意したい。

峠道をスポーティに走る1.6リットルターボ


ステアリングホイールは、上側と下側が平らにデザインされ、送り/たぐりハンドルの操作をする時などは使いにくい。エンジン回転計は、速度計とは逆の左回りだ。一般的に時計、オーディオの音量調節、水道の蛇口などは、右に回すほど時間が進んだりボリュームが増す。左回りは違和感が伴い、安全にも影響を与える。

先代508はオーソドックスでもさまざまな機能を高めていたから、方針を変えた新型には違和感を抱くが、走りは優れている。直列4気筒1.6リットルターボの「GTライン」は、低回転域から過給効果が感じられて運転しやすい。

操舵感は小さな舵角から正確に反応してダイレクトな印象があり、車両の向きを確実に変える。穏やかでリラックスできた従来型の運転感覚に比べると、良く曲がって峠道をスポーティに走れる。

長時間ドライブにピッタリのディーゼル


2リットルのクリーンディーゼルターボを搭載した「508GTブルーHDi」は、1200回転くらいでもディーゼルらしい駆動力が沸き上がって扱いやすい。3000回転前後では特に駆動力が高く、ノイズは小さいから、高速道路の長時間ドライブにピッタリだ。車両重量は1.6リットルターボのGTラインに比べて120kg重いが、カーブを曲がる時でも重量増加をあまり感じさせない。

運転感覚は以前に比べてスポーティになり、タイヤサイズも試乗したグレードは18インチ(235/45ZR18)だったが、乗り心地は適度にしなやかで粗さを感じさせない。路上のデコボコも上手に吸収する。このボディと足まわりの微妙な味付けに、プジョーの伝統と奥義が息付いている。


■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

渡辺陽一郎|カーライフ・ジャーナリスト
1961年に生まれ、1985年に自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。

《渡辺陽一郎》

特集

page top