BMW M3セダン 次期型にはシリーズ初の3グレード設定…8月にもデビューか | Push on! Mycar-life

BMW M3セダン 次期型にはシリーズ初の3グレード設定…8月にもデビューか

BMW『3シリーズ』新型の頂点に設定されるハードコアモデル、『M3セダン』開発車両が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。

自動車 スクープ
BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
  • BMW M3 次期型 スクープ写真
BMW『3シリーズ』新型の頂点に設定されるハードコアモデル、『M3セダン』開発車両が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。

ダミーのヘッドライトを装着し、キドニーグリルをはじめフロントエンドは完全にカモフラージュされているが、より広いトレッドや、「M」ブレーキキャリパー、クワッドエキゾーストパイプから「M3」であることは間違いない。

次期型最大の注目は、M3史上初めて3つのグレードが設定されることだろう。1つ目は、「ピュア」と呼ばれる軽量化に特化したモデルで、親開発3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は444psを発揮する。

続いては「ベース」と呼ばれるグレードで、6速MTと組み合わされるFRピュアスポーツモデルだ。最高出力は475psが予想されている。そして最強モデル「コンペティション」には、「M xDrive」四輪駆動が搭載され、最高出力は500ps超えが期待できそうだ。

また3つのグレードには、「アダプティブサスペンション」と「リミテッドスリップディファレンシャル」が標準装備されるほか、「コンペティション」にはカーボン・セラミックブレーキ」がオプション設定される見込みだ。

ワールドプレミアの場は、2019年9月のフランクフルトモーターショーが有力だが、直前の8月にもオンライン公開が期待されている。
《Spyder7編集部》

特集

page top