メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像] | Push on! Mycar-life

メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]

2代目となる新型『CLAシューティングブレーク』のデザインテーマは、「積載スペースを備えたスポーツカー」だ。

自動車 ニュース
メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型(ジュネーブモーターショー2019)
2代目となる新型『CLAシューティングブレーク』のデザインテーマは、「積載スペースを備えたスポーツカー」だ。長く伸びたボンネット、クーペのようなウィンドウラインを備えたコンパクトなキャビン、リアホイールアーチ周辺の筋肉質なボリューム感などに、スポーツカーのデザイン要素を取り入れたという。

フロントマスクは、パワードームを備えたボンネットや、サメの鼻のように前方に傾斜したノーズを備える。グリルは、中央にスリーポインテッドスターを配したダイヤモンドパターンだ。リアは、テールランプをコンパクトにまとめ、バンパー部分にナンバープレートを移設し、ワイド感を強調している。

ボディサイズは、全長4688×全幅1830×全高1442mm、ホイールベース2729mmとなる。先代モデルに対して、48mm長く、53mmワイド、2mm背が低い。ホイールベースは30mm延びた。エアロダイナミクス性能は、先代よりも引き上げられている。

インテリアのデザインテーマは、「ハイテクかつ若々しく前衛的」だ。コクピットの上のカウルは完全に廃されており、ダッシュボードとドアが連続して見えるデザインとした。タービン状のエアダクトは、最近のメルセデスベンツ車に共通するデザインだ。

ボディサイズの拡大によって、先代よりも室内空間が広がった。とくに、ひじ周りのスペースは、前席が35mm、後席が44mm拡大する。後席の肩周りの空間も、22mm増えた。トランク容量は、先代よりも10リットル増えて、505リットル(VDA計測)を確保している。リアゲートの開口部は、先代よりも拡大。さらに、「EASY-PACK」や「HANDS-FREE ACCESS」装備車では、テールゲートに手を触れずに開くことができる。
《ショーカーライブラリー》

特集

page top