アウディ A4オールロードクワトロ、表情一新…コックピットには初のデュアルスクリーン | Push on! Mycar-life

アウディ A4オールロードクワトロ、表情一新…コックピットには初のデュアルスクリーン

アウディの中核を担う『A4』ファミリーは、現在改良新型をテスト中だが、「アバント」、「セダン」に続いて「オールロードクワトロ」の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

自動車 スクープ
アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
  • アウディ A4 オールロードクワトロ スクープ写真
アウディの中核を担う『A4』ファミリーは、現在改良新型をテスト中だが、「アバント」、「セダン」に続いて「オールロードクワトロ」の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

豪雪のスカンジナビアで捉えた車両は、現行モデルと異なるヘッドライトユニット、コーナーエアインテークを装備。シングルフレームグリルはワイドな薄型に変化している。またフェンダーやサイドシルにはオールロード特有のクラッディングが装着されている。またリアエンドには、最新デザインのテールライトや、スクエア基調のツインエキゾーストパイプが見てとれる。

A4ファミリー改良新型では、室内も大刷新される可能性が高い。『A6』からインスパイアされた、ワイドなタッチ・デュアルスクリーンを搭載すると見られている。またドライバー・アシストや半自律機能などもアップデートされるだろう。

パワートレインは、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いが、最新情報が入り次第お伝えしよう。

A4ファミリー改良新型は、2019年末にセダンのワールドプレミアが予想されており、オールロードクワトロは、2020年内、あるいは2021年の登場となるだろう。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top