セダンとは思えぬ過激な走り...ベントレー フライングスパー次期型、ニュル爆走シーン【動画】 | Push on! Mycar-life

セダンとは思えぬ過激な走り...ベントレー フライングスパー次期型、ニュル爆走シーン【動画】

ベントレー『フライングスパー』次期型のニュル高速テストをビデオが捉えた。ロールスロイス『ゴースト』やメルセデス・マイバッハ『S600』をライバルとするが、その走りは抜きん出ているようだ。

自動車 スクープ
ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
  • ベントレー フライングスパー スクープ動画
ベントレー『フライングスパー』次期型のニュル高速テストをビデオが捉えた。ロールスロイス『ゴースト』やメルセデス・マイバッハ『S600』をライバルとするが、その走りは抜きん出ているようだ。

「フライングスパー」は、2017年にフルモデルチェンジした2ドアクーペ『コンチネンタルGT』の4ドアバージョンとなる。次期型には、同じVW傘下のポルシェ『パナメーラ』と共有する「MSB-F」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、よりラグジュアリーな室内空間を提供してくれる。開発車両は未だフルカモフラージュだが、『EXP10スピード6』からインスパイアされたデザインが予想されている。

ビデオが捉えた走りは、コーナーでスキール音を轟かせ、テールスライドしながら駆け抜けるなど、とても4ドアサルーンと思えぬ過激な走行を見せている。パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は542ps、最大トルクは770Nmを発揮するエントリーモデルや、6リットルW12型エンジンを搭載し、最高出力626ps、最大トルク900Nmのパフォーマンスを発揮するトップモデルをラインアップ。中でも注目はベントレーのセダン初となるプラグインハイブリッドだ。ポルシェパナメーラ E-ハイブリッドから流用する3.6リットルV型6気筒+電気モーターシステムを搭載し、最高出力456psを発揮。電気バッテリーだけで最大31マイル(50km)の走行が可能だという。

《Spyder7 編集部》

特集

page top