【ホンダ CR-V 新型試乗】クルマとしての軸が一本、走りにも通っている…岩貞るみこ | Push on! Mycar-life

【ホンダ CR-V 新型試乗】クルマとしての軸が一本、走りにも通っている…岩貞るみこ

◆街に似合うエレガントさを表現した ◆クルマとしての軸が一本、走りにも通っている ◆あとちょっとがんばれば…

自動車 試乗記
ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
  • ホンダ CR-V 新型
◆街に似合うエレガントさを表現した

SUVのデザインは、角ばった道具感を主張させるか、街に似合うエレガントさを表現するか方向性が分かれるところだが、後者を選択した『CR-V』である。

でも、最低地上高(地面からクルマの下っ腹)は210mm(ターボの4WD)とぐっと上げてきて、これまで170mmあたりで浮ついたシティオフローダー気取りからは一転、腹を据えてオフを走らせようという気合が感じられる。

インテリアは木目があしらわれて自然との融合感を演出しており、これがホンダらしからぬ(失礼)仕上がりのよさ。木目の色合いも木目部分の手触りも、落ち着いた車内になって居心地がいい。


◆クルマとしての軸が一本、走りにも通っている

乗り始めに感じるのは、パワステの重さ。手ごたえ十分で、最初は思わず「重っ!」と声が出るほどだ。けれど走らせていくとしっかりした乗り心地、コーナリングの安定性、ブレーキを踏んだときの安心感とのバランスがよく、今回は試乗できなかったオフロードや高速道路での乗りやすさも期待できるところ。

最低地上高を上げ、オフもしっかり走れるというクルマとしてのコンセプトの軸が一本、走りでもぴしっと通っている。最低地上高は上がっても、シート座面や床が高いと感じることもなく、乗り降りはしやすい。特に後部座席のドアがさらに広く開くようになったので、いつも足先をつっかけるオバ世代には乗りやすくなった。


◆あとちょっとがんばれば…

さて、乗って座って走って止まってはこんなにいいのに、どうしてシフトレバーやメーターパネルは手を抜くのかなと思う。

まず、シフトレバーが遠い。世界戦略車なので、左ハンドルを考えて左右のど真ん中に位置しているのだろうけれど、場所的にも角度的にも力を入れにくく操作しにくく、しかもシフトを動かしたときのがたつき(つまり安っぽい)がハンパない。シフトレバーはターボ車のみ採用されていて、ハイブリッド車はスイッチ式。なので、このシフトレバーの使いにくさだけでハイブリッドを勧めてしまいそうだ。

そして、メーターパネル。なにが見せたくてなにを優先して見せなければいけないのか、まるで伝わってこないレイアウト。しかも、文字のフォントは大きくてださいわ、その割に、工場純正でついているカーナビの文字は極端に小さいわと車内の統一感がまるでない。だれか社内に「一貫性を持たせましょうよ」と言う人はいないのか。

あとちょっとがんばれば、すごく気持ちのいいクルマに仕上がるのに、どうしてくれるのよ、もう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。
《岩貞るみこ》

特集

page top