いよいよセミファイナル!『ACG2018 in 中四国』、注目車両一挙大公開!! | Push on! Mycar-life

いよいよセミファイナル!『ACG2018 in 中四国』、注目車両一挙大公開!!

日本最大級のオーディオカーイベント『ACG2018』の今シーズン第5戦目となる『in 中四国』が、10月14日、「広島県・グリーンピアせとうち」にて開催された。天気は快晴、秋風も心地良い絶好のコンディションに恵まれ、各プログラムは順調に進行。

カーオーディオ 特集記事
いよいよセミファイナル!『ACG2018 in 中四国』、注目車両一挙大公開!!
  • いよいよセミファイナル!『ACG2018 in 中四国』、注目車両一挙大公開!!
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
  • VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
日本最大級のオーディオカーイベント『ACG2018』の今シーズン第5戦目となる『in 中四国』が、10月14日、「広島県・グリーンピアせとうち」にて開催された。天気は快晴、秋風も心地良い絶好のコンディションに恵まれ、各プログラムは順調に進行。

参加者たちの笑い声が絶え間なく聞こえる、平和で穏やかな、かつ充実の時間が流れていった。その空気をお伝えすべく、登録店からエントリーした注目車両全9台を一気に掲載する。それぞれのシステム、コンセプト等々を、じっくりと紹介していく。


VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス

VW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープスVW・ゴルフ ヴァリアント(オーナー/四十山 勲さん)by ワープス
当イベントの数日前に完成したというゴルフ ヴァリアントで参戦した四十山さん。インストールコンセプトはズバリ「大人気ないカスタム」である。とは言いつつも、外向きスピーカーは脱着が可能。クルマとしての実用性がしっかりと考えられているあたりは、ある意味、大人の分別があればこそ♪ 搭載機材は以下のとおりだ。ソースユニットとしてiPhoneを使い、プロセッサーにはグラウンドゼロをチョイス。パワーアンプにはJLオーディオを採用し(4chモデル×2台+1chモデル)、フロントスピーカーにはRSオーディオのレベレーションHACを選択している。外向きスピーカーにはJLオーディオのマリンスピーカーを使い、サブウーファーもJLオーディオだ。目指すサウンドは「誰が聴いても良いと思える音」!

ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山

ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山ホンダ・オデッセイ(オーナー/松田 潤さん)by シティロード福山
外装もばっちりキマったオデッセイで参加した松田さん。なお、このクルマには4年前から手を掛け始めているのだが、オーディオの搭載に踏み切ったのは今年に入ってから。「ドレコン会場での印象度を上げるための策」として行われた、というわけだ。内装カスタムのコンセプトは、「外装とカラーを統一して赤と黒を基調に、インパクトあるデザインを目指しました。しかし、3列シートは残して実用性もキープ。普段乗りにも使えます」とのこと。搭載機材は以下のような陣容となっている。メインユニットがダイヤトーンサウンドナビ、パワーンプにはグラウンドゼロのモデルを2台採用し、フロントスピーカーにもグラウンドゼロをチョイス。外向きスピーカー & サブウーファーもグラウンドゼロで統一している。

スズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイ

スズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイスズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイスズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイスズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイスズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイスズキ・アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイ
今年もフル参戦を目指している渡辺さん。最後の難関ともいえる『in 中四国』も無事にクリアした。ちなみに同会場までは自宅から約780キロもあったという。「簡単に来られる距離ではないけれど、クルマを走らせることはそもそも好きなので案外楽しめています。遠征すると普段会えない人とも会えるので、それも楽しみ」とのことだ。また、「このクルマの場合、低音がロードノイズに負けることがないので、快適」とも。そのサウンドが実現されているシステムレイアウトは以下のとおり。メインユニットがカロッツェリアのDEH-P01。それ以外はロックフォード・フォズゲートで統一され、パワーアンプにはパワーシリーズのモデルを計6台使用。スピーカー群はパンチプロ、そして要のサブウーファーはP3×4発!

BMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーション

BMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーションBMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーションBMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーションBMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーションBMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーションBMW・320iツーリング(オーナー/山本和佳さん)by エモーション
山本さんはBMW・320iツーリングで参加した。ちなみに山本さんのカーオーディオ歴は約15年。このクルマが2台目のオーディオカーとのことだ。搭載機材の顔ぶれは以下のとおり。メインユニットがカロッツェリアのDEH-P01、パワーアンプにはロックフォード・フォズゲートのパワーシリーズのモデルを計2台採用している。フロントスピーカーはミッドウーファーとミッドレンジがMBクォート、ツィーターにはブラックスのトップエンドモデルがチョイスされている。さらなる高音質化を図るべく、今年の6月に換装された。サブウーファーにはJLオーディオの10W3v3-4が選択されている。目指す音はズバリ「リアルサウンド」。普段はJ-POPからジャズまで、ポピュラー音楽全般を幅広く聴いているという。

スズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズ

スズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズスズキ・セルボ(オーナー/夏田龍一さん)by スタイリッシュサウンズ
フルカスタムされたセルボで参加した夏田さん。ラゲッジスペースだけでなく、リアシートセクションもご覧のとおりの出来映え♪ クルマは小さいが圧巻の完成度で、ギャラリーの視線を釘付けにしていた。搭載機材は以下のとおり。メインユニットとしてカロッツェリアのサイバーナビを使い、外向きスピーカー用のパワーアンプにはグラウンドゼロをチョイス。室内スピーカー用のパワーアンプにはロックフォード・フォズゲートのモデルを計2台採用し、フロントスピーカーには同・T4を、サブウーファーにも同・T1×2発を使用している。ちなみに夏田さんのカーオーディオ歴は3年。最初の1年はライトなシステムで楽しんでいたのだが、物足りなくなり、2年前に一気にこのシステムを完成させたとのことだ。

トヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブ

トヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/カセタダアキさん)by サウンドウェーブ
カセさんも、昨年に引き続きフル参戦を目指している。今回も無事に来場を果たし、あとはファイナルを残すのみ。ちなみに今回は、金曜の夜に関東を出発し、土曜の昼に広島県に到着した。そして土曜日はゆっくりと観光を楽しみ、日曜はイベントを満喫。しかし例によって帰りは強行スケジュール。「イベント終了とともに会場を後にして明け方に関東に帰還できれば…」とのことだった。なおカセさんは今年、『ESQL』に注力して参戦しているのだが、「回を追うごとに周りのレベルが上がっていて、難易度も上がっている」とのこと。今回は低音の再現力を強化して臨んだ。搭載機材は、メインユニットにカロッツェリアのサイバーナビを使い、それ以外はすべてロックフォード・フォズゲートで統一している。

スズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイ

スズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイスズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイスズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイスズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイスズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイスズキ・ワゴンR(オーナー/どんちゃんさん)by カーファイ
「ACGと旅をセットで楽しんでいる」と言うどんちゃんさん。イベントの前後数日休暇を取り、ゆっくりとドライブを楽しみながらACGに参加しているというわけなのだ。今回のケースでは、木曜の夜に関東を出発し、金曜、土曜と、山陰を経由して広島まで走りながら、各地の名所に立ち寄ってきたとのこと。そして、帰りも月曜のうちに到着できればOKという行程でゆっくりと走っていくそうだ。ある意味、理想的なスタイルで遠征を楽しんでいると言っていい。羨ましい限り。で、愛車のシステムは音質仕様。カロッツェリアXのメインユニット+プロセッサーを核に、それ以外をロックフォード・フォズゲートの上位機種で固めている。フロントスピーカーはT5とJ5とを組み合わせたスペシャル仕様となっている♪

トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山

トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山トヨタ・ハイエース(オーナー/渡辺弘樹さん)by シティロード福山
カーオーディオ歴は約20年になるという渡辺さんはハイエースで参加した。外向きシステムを組むようになって8年が経過していて、このハイエースは3年前に完成させたという。当車では室内では良い音が楽しめ、外に向けてはパワフルに鳴らせるというダブルシステムが搭載されている。使用機材は以下のとおり。ダイヤトーンサウンドナビをメインユニットとして使い、フロントスピーカーにはモレルの2ウェイシステムが採用されている。パワーアンプにはモスコニをチョイス。外向きシステムは、ツィーター2発がJBL、それ以外がEVで統一されている。ミッドレンジとサブウーファーは豪快に4発ずつが組み込まれている。「外向きシステムの醍醐味は、ストレス解消ができるところ」とのことだ♪

日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス

日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス日産・シルビア(オーナー/一鷹佳代さん)by ワープス
マニュアルのシルビアに乗る一鷹さん。このシルビアは2年前に入手し、最初は走りに関した部分を強化したのだが、一旦走りは卒業しカスタムポイントをオーディオにシフト。そうして現在の仕様が今年の9月に完成された、とのことだ。デザインコンセプトは「海」。白を基調としながら、ブルーの迷彩柄をアクセントとして効かせ、独自の世界観が作り上げられている。オーディオシステムはイメージダイナミクスのユニットで統一。ドアのオーバルスピーカーはセパレート、コアキシャルどちらでも使用できるのだが音のまとまりとルックスを優先させて同軸でセット。パワーアンプには5chモデルをチョイスして、1台で効率的に全スピーカーを鳴らしている。サブウーファーの上では元気にイルカが跳ねていた♪
《太田祥三》

特集

page top