ポルシェ タイカン にクロスオーバー!?「スポーツツーリスモ」(仮)開発車両を激写 | Push on! Mycar-life

ポルシェ タイカン にクロスオーバー!?「スポーツツーリスモ」(仮)開発車両を激写

2019年より生産を開始するポルシェ初の市販EVスポーツ『タイカン』に、クロスオーバーモデルが存在することがわかった。スクープサイトSpyder7のカメラが、その開発車両の姿をとらえた。

自動車 スクープ
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ(仮)スクープ写真
2019年より生産を開始するポルシェ初の市販EVスポーツ『タイカン』に、クロスオーバーモデルが存在することがわかった。スクープサイトSpyder7のカメラが、その開発車両の姿をとらえた。

『タイカン スポーツツーリスモ』(仮称)のベースとなっているのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー『ミッションEクロスツーリスモ』。SUVテイストを盛り込んだクロスオーバーモデルだ。市販化されれば、同ブランドにとって初のEVクロスオーバー誕生となる。

今回とらえた車両は、Dピラー部分が完全にカモフラージュされているが、タイカンのクーペスタイルと異なり、ラゲッジスペースが大型化されている。まさにシューティングブレークといった出で立ちだ。市販モデルではリフトアップされたボディにワイドフェンダーなどを装着しSUVテイストが強く押し出されるだろう。全長はタイカン同様、4950mmと予想されるが、ライバルのテスラ『モデルS』に対抗して5+2(子供用)のシートレイアウト採用も噂される。

パワーユニットには、2つのパーマネントマネージメントシステムモーター(PSM)を搭載。最大出力600ps以上を発揮し、0-100km/h加速は3.5秒以下で、12秒以内に200km/hに達するハイパフォーマンスを持つ。駆動方式は4WDだが、廉価版FRモデルの登場も期待される。

ポルシェは、800V充電器に対応する高速充電「ターボチャージング・ステーション」を展開しており、15分でバッテリー容量の80%を充電できる。2019年の後半までに北米で500のステーションを設置する計画を持っている。タイカン同様に、1回の充電での航続は、500km以上を目指し開発が進められているという。

タイカンは2019年に生産開始、2020年に発売が予定されている。早ければ「スポーツツーリスモ」も2019年内の発表が期待できるかもしれない。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top