BMW X1 改良新型はここが変わる!市販プロトタイプを初スクープ | Push on! Mycar-life

BMW X1 改良新型はここが変わる!市販プロトタイプを初スクープ

BMWの最小クロスオーバーSUV、『X1』改良モデルの市販型プロトタイプをスクープした。以前、ダミーパーツを装着したテスト車両は目撃していたが、市販型はこれが初。

自動車 スクープ
BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
  • BMW X1 改良新型 スクープ写真
BMWの最小クロスオーバーSUV、『X1』改良モデルの市販型プロトタイプをスクープした。以前、ダミーパーツを装着したテスト車両は目撃していたが、市販型はこれが初。

まず目に入るのは特徴的なヘッドライトだ。『X2』のデザインを継承する角ばったC型LEDデイタイムランニングライトを装着している。バンパーのエアインテークも一新されている他、丸いフォグランプは『X5』や『3シリーズ』新型のようにコーナーエアダクトに埋め込まれるデザインが変更される可能性がある。

またテールライトは、下部にターンシグナル用の白いバーが付く新グラフィックに変更されている。

キャビン内にも変化が見られる。センター上部のインフォテインメント・ディスプレイはワイド化され、シフターは、『2シリーズ アクティブツアラー』と同じタイプが装着されている。次世代デジタルディスプレイ「オペレーティングシステム7.0」が搭載される可能性が高いだろう。

パワートレインは、116psから231psまでの範囲に及ぶ直列3気筒エンジンと直列4気筒ターボチャージャーエンジンをラインアップするほか、最高出力136psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンと、最高出力88psを発揮する電気モーターを組み合わせた、224psのプラグインハイブリッド『X1 xDrive25e』も予想される。ギアは、エンジンに応じて6速AT、8速AT、7速DCTが搭載される。

また今回のLCI(BMWがいうところのマイナーチェンジ)モデルでは、緊急オートブレーキやリバースバックカメラが標準装備となりそうだ。BMWは、1月のデトロイトモーターショー不参加のため、ワールドプレミアの場は2019年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。しかしオンラインで先行公開されるかもしれない。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top