アウディ最速オープン「R8 GTスパイダー」復活か…迫力のテスト車両を目撃 | Push on! Mycar-life

アウディ最速オープン「R8 GTスパイダー」復活か…迫力のテスト車両を目撃

アウディのフラッグシップスポーツ『R8 GT』の派生モデルであり、アウディ最速のオープンスポーツとなる『R8 GTスパイダー』が復活か。Spyder7編集部では、新型と思われる開発車両を初めて捉えることに成功した。

自動車 スクープ
アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
  • アウディ R8 GTスパイダー スクープ写真
アウディのフラッグシップスポーツ『R8 GT』の派生モデルであり、アウディ最速のオープンスポーツとなる『R8 GTスパイダー』が復活か。Spyder7編集部では、新型と思われる開発車両を初めて捉えることに成功した。

R8 GTスパイダーは、先代で2012年に世界333台のみ限定生産されたレアモデルだ。エアロパーツやサイドミラーにカーボンを多用し、R8スパイダーより85kgの軽量化を図り、最高出力560ps、最大トルク540Nmを発揮、0-100km/h加速3.8秒、最高速度317km/hは当時アウディ最速のオープンとして君臨した。

捉えたプロトタイプのフロントマスクには、新型『A6』『A7』『A8』と共有するワイドな六角グリル、拡大されたコーナーエアインテークが見られる。またピレリ製20インチタイヤが装着され、リアには、両サイドいっぱいに広がるワイドエアアウトレット、楕円形の大型エキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーを備えている。

予想されるパワートレインは、ランボルギーニ『ウラカン』と共有する5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載し、最高出力は640psと見られる。

このアグレッシブなエクステリアから、R8 GTスパイダー新型と見ているが、何年も噂されている2.5リットル直列5気筒モデル、または2.9リットルV型6気筒モデルと報道しているメディアも存在しており、断定は出来ない状況だ。

アウディは、2018年内にR8のフェイスリフトモデルを発表予定で、今回捉えたモデルの登場は2019年以降となる。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top