アウディと決別!ランボルギーニ、次世代型からポルシェと強力タッグ結成へ | Push on! Mycar-life

アウディと決別!ランボルギーニ、次世代型からポルシェと強力タッグ結成へ

巨大なVWグループの中において、アウディ傘下となっているランボルギーニだが、2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じた。

自動車 スクープ
アヴェンタドール SVJ
  • アヴェンタドール SVJ
  • アヴェンタドール SVJ
  • アヴェンタドール SVJ
  • アヴェンタドール SVJ
巨大なVWグループの中において、アウディ傘下となっているランボルギーニだが、2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じた。

現在、ランボルギーニはプラットフォームを始め多くのコンポーネントをアウディと共有している。同ブランド最新のクロスオーバーSUV、『ウルス』では、アウディ『Q7』から「MLB Evo」プラットフォームが流用されている。

VWは、グループ内の「アウディ」「ブガッティ」「ランボルギーニ」などスーパーカーを全てポルシェ製プラットフォームが担い、コストダウンを図るべきだと語っており、その第一歩として新タッグが実現しそうなのだ。

そこで注目されるのが、2022年に登場が噂される「アヴェンタドール」次期型だ。フロントアクスルに2基のモーター、センターにバッテリー、ゲトラグ製トランスミッションに第三のモーターを搭載し、最高出力1000psを叩き出すハイブリッド・スーパーカーが予想されている。「ポルシェ」×「ランボルギーニ」は、最強のスーパーカーブランドとなりそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

page top