プロトタイプが公開直前!トヨタ スープラ、これが市販型の最終デザインだ | Push on! Mycar-life

プロトタイプが公開直前!トヨタ スープラ、これが市販型の最終デザインだ

トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手した。間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定しているが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高い。

自動車 スクープ
トヨタ スープラ 市販モデル 予想CG
  • トヨタ スープラ 市販モデル 予想CG
  • トヨタ スープラ 市販モデル 予想CG
  • トヨタ スープラ スクープ写真
  • トヨタ スープラ スクープ写真
  • トヨタ スープラ スクープ写真
  • トヨタ スープラ スクープ写真
トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手した。間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定しているが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高い。

入手したCGは、全体的に丸みを帯びた美しいボディラインを特徴としている。またフロントには3つの大型インレット、ヘッドライトからつながるブレーキ冷却用エアインテーク、アグレッシブなフロントノーズ、ダブルバブルルーフ、フェンダー全部のエアスクープ、ダックテール・スポイラーや三角のLEDテールライトなどが見て取れる。

パワーユニットは、デュアルクラッチ・トランスミッションと組み合わされる2バージョンの2リットル直列4気筒エンジン、トップモデルには3リットル直列6気筒オーバーブースト付きターボエンジンをラインアップ。最高出力は、下から200ps、250ps、そして340psが予想されている。

トップモデルの直6は最大トルク450Nm、0-100km/h加速3.9秒のパフォーマンスが予想される。またハードコアモデル、「GR」に搭載される3リットル直列6気筒エンジンは、最高出力400ps以上となることが噂されている。

キャビンには、パドルシフト付き革巻きステアリングホイール、オールデジタルクラスタを装備する。ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1496kgと予想されている。これは先代モデルと比べ全長が140mm短縮されコンパクトになっている。スポーツカーとして理想的な50:50の重量配分を持ち、2シーターのレイアウトも確実視されている。

グッドウッドは英国で12日に開催。まもなく最新情報が入ってくるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

page top