これがメルセデスの次世代LEDヘッドライトだ! GLCクーペ 改良モデルを激写 | Push on! Mycar-life

これがメルセデスの次世代LEDヘッドライトだ! GLCクーペ 改良モデルを激写

自動車 スクープ

メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 改良新型スクープ写真
メルセデスベンツ『Cクラス』をベースとするクロスオーバーSUV『GLCクーペ』改良新型プロトタイプを、初めてカメラが捉えた。新型では、フロントマスクを重点に改良が行われるようだ。

テールライトまわりだけテーピングされたリアビューと比べ、フロント部はバンパーにフルカモフラージュが施されており、ディテールは不明だ。しかしむき出しになったヘッドライトに注目すると、これまでのメルセデスには見られない、L字型デイタイムランニングライトで囲まれる3連ヘッドライトが見て取れる。これはフェイスリフトが同時進行している『GLC』にも採用されると見られる。またテールライトの下には、新たにバックライトが配置されているのも確認出来る。

キャビンでは、12.3インチのデジタルディプレイ、10.25インチのインフォテイメントシステムの他、シンプルに操作感が向上する新タッチパッドが搭載される。さらに『Eクラス』『Sクラス』同様に、タッチコントロール機能を持つ3スポークの新ステアリングホイールを装備、ハンドルから手を離さずにすべての機能をシンプルに操作が可能となる。

パワートレインは馬力アップが期待出来そうだ。現行モデルで最高出力241ps、最大トルク369Nmを発揮する北米仕様の2リットル直列4気筒ターボエンジンは、最高出力255psへと向上するとレポートされている。また48Vマイルドハイブリッドの搭載も予想されている。

GLC、GLCクーペ改良モデルのワールドプレミアは、2018年内が有力だ。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top