スズキ「ジムニー」新型にロングモデル!? 懐かしのキャンパストップなど復活は? | Push on! Mycar-life

スズキ「ジムニー」新型にロングモデル!? 懐かしのキャンパストップなど復活は?

先日スズキは、7月の正式発表を前に『ジムニー』及びワイド版『ジムニーシエラ』新型の概要を公式写真と共に公開したが、海外ではその派生モデルの噂があるようだ。

自動車 スクープ
スズキ ジムニー 新型 派生モデル
  • スズキ ジムニー 新型 派生モデル
  • スズキ ジムニー 新型 派生モデル
  • スズキ ジムニー 新型 派生モデル
先日スズキは、7月の正式発表を前に『ジムニー』及びワイド版『ジムニーシエラ』新型の概要を公式写真と共に公開したが、海外ではその派生モデルの噂があるようだ。

ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」は、5ドアのロングモデル、コンバーチブル、ピックアップの3バージョンの予想CGをウェブサイトで公開している。もともとバリエーションの多いモデルである「ジムニー」は、これまでもキャンパストップ、ピックアップ、パノラミックルーフなどを設定しており、新型に設定される可能性もあるはずだ。

「ジムニー」新型のパワートレインは、最高出力64psを発揮する660cc直列3気筒ターボ+Sエネチャージを搭載。「ジムニー シエラ」には、最高出力109psを発揮する1.5リットル直列4気筒エンジンが搭載される。「Sエネチャージ」は、加速時のエンジンをモーターによりアシストし、減速時には発電及び充電を行うスズキの最新ハイブリッドシステムだ。

ラインアップには「XC」、「XL」、「XG」の3仕様が設定される他、「シエラ」には、「JC」と「JL」の2仕様を設定される。

新型の派生モデルで一番興味が惹かれるのは、これまで設定されたことのない「5ドアロング」だ。まさに日本版「Gクラス」の出で立ちだが、このままのエンジンでは、馬力不足だろう。

正式発表は、7月5日に予定されているが、サプライズで派生モデルの登場に期待したい。
《Spyder7 編集部》

特集

page top