名車ランチア デルタ インテグラーレ、340馬力のホットハッチで現代に蘇る! | Push on! Mycar-life

名車ランチア デルタ インテグラーレ、340馬力のホットハッチで現代に蘇る!

自動車 スクープ

デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
  • デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
  • デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
  • デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
  • デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
  • デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ
1992年に発売された、ランチアの名車『デルタ HFインテグラーレ 16Vエボルツィオーネ』が、イタリアを拠点とするクラシック・チューナー、「Automobili Amos」の手で3ドアホットハッチとして現代に蘇る。

「HFインテグラーレ16Vエボルツィオーネ」は、名前の通りエボリューションモデルだ。「ランチア デルタ」から各部を改良し、ボディサイズも変更。さらにパワートレインも強化された。

クラシックモデルに最先端のコンポーネントを融合させるといえば、『シンガー ポルシェ』が思い浮かぶ。この復刻デルタも、最新のカーボンファイバーやアルミをボディに採用し、1000以上のパーツのオリジナルパーツを使用している。パワートレインやサスペンションをオーバーホール、最高出力はオリジナルの210psから340psまで高められた3ドア・ホットハッチに生まれかわる。

予定では、5月の「ヴィラ・デステ」で発表だったが、延期となっている。取り急ぎイメージ画像を公開しているが、近い内に正式発表されるはずだ。
《Spyder7 編集部》

特集

page top