ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売 | Push on! Mycar-life

ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売

イース・コーポレーションは、ドイツ GROUND ZERO(グラウンドゼロ)のウーファーボックス2機種とミッドレンジスピーカー1機種を発売した。

カーオーディオ 新製品情報
ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
  • ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
  • ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
  • ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
  • ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
  • ドイツ グラウンドゼロのウーファーボックス2モデルと60mmミッドレンジスピーカー1モデル発売
イース・コーポレーションは、ドイツ GROUND ZERO(グラウンドゼロ)のウーファーボックス2機種とミッドレンジスピーカー1機種を発売した。

GZIBウーファーボックスは、小口径8インチモデルの「GZIB 200XBR」と大口径12インチモデルの「GZIB 300XBR」の2モデルで、エントリークラスながらIMPPコーンやPOLYCOTスパイダーを搭載した4ΩSVCサブウーファーユニットとグラウンドゼロ独自のベーストンネルデザイン(バスレフ型)を採用したことにより、卓越したベースパフォーマンスを発揮する。銀糸で豪華に刺繍されたGROUND ZEROのロゴがクールなボックス本体は、扱いやすい黒色パンチカーペット仕上げ。ボックス側面にはバナナプラグ対応12ゲージニッケルメッキ高級スピーカーターミナルを装備しており、接続や取り外しも容易に行える。

「GZUF 60SQX」は、ネオジウムマグネットとブラックアルミニウムコーンを採用した60mm径ミッドレンジドライバー。ブラックアルマイト処理したアルミニウム製の高品位なスピーカーグリルやGZロゴなど見た目もクール。再生周波数帯域は300Hz~20kHzのワイドレンジを達成。ツィーターやミッドベーススピーカーと幅広い周波数でクロスさせることにより、車内環境に応じた最適な音づくりを可能にする。2ウェイコンポーネントスピーカーの「GZUC650SQX」や「GZUC650SQ-II」などと組み合わせることで3ウェイシステムに発展させることができる。

<ニューモデルラインナップ>
GZIB 300XBR
仕様:12inch(30cm)4Ω SVCサブウーファー搭載ウーファーBOX 標準小売価格¥34,000(税別)
●ウーファーサイズ:300mm ●定格入力:350W ●周波数特性:30~150Hz●ウーファーインピーダンス:4Ω
●ボックスタイプ:バスレフ型 ●ボックス容量:37L ●サイズ(幅×高さ×下面奥行/上面奥行)460×370×400/310mm

GZIB 200XBR
仕様:8inch(20cm)4Ω SVCサブウーファー搭載ウーファーBOX 標準小売価格¥24,000(税別)
●ウーファーサイズ:200mm ●定格入力:150W ●周波数特性:45~150Hz●ウーファーインピーダンス:4Ω
●ボックスタイプ:バスレフ型 ●ボックス容量:17L ●サイズ(幅×高さ×下面奥行/上面奥行)400×270×290/230mm

GZUF 60SQX
仕様:6cmミッドレンジスピーカー(ペア) 標準小売価格¥31,000(税別)
●定格入力:50W●公称インピーダンス:4Ω●周波数特性:300Hz~20kHz●能率:84dB●Fs:150Hz
●取付穴直径:61mm●取付深さ:36mm●スピーカーグリル:サイズ(幅×高さ)φ90mm×7mm
《編集部》

特集

page top