ホンダ ジェイド 改良新型---ラインナップ改定[詳細画像] | Push on! Mycar-life

ホンダ ジェイド 改良新型---ラインナップ改定[詳細画像]

ホンダは5月17日、『ジェイド』の改良新型モデルを5月18日より全国で発売すると発表した。

自動車 ニュース
ホンダ ジェイド 改良新型
  • ホンダ ジェイド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
  • ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型
ホンダは5月17日、『ジェイド』の改良新型モデルを5月18日より全国で発売すると発表した。

改良新型モデルの変更点は、「RS」を3列6人乗り仕様から2列5人乗り仕様へと変更するとともに、「スポーツハイブリッド i-DCD」を搭載したモデルを追加設定。

同じくRSグレードのLEDヘッドライト、フロントグリル、LEDフォグランプのフロント周辺デザインと18インチアルミホイールを刷新、よりスポーティかつ上質なデザインとし、「X」、「G」にもフロントグリルの変更などを行っている。

ボディーカラーには、RS専用に新しく開発したプレミアムクリスタルオレンジ・メタリックとプラチナホワイト・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリックの計3色を新しく採用。RSとXでは、ブラックルーフ仕様のエクステリアカラーを選択することが可能になった。

走行面では、ガソリン車RSの専用セッティングとして、高回転域の加速フィーリング向上を図る「全開加速アップシフト制御」と、制動時にエンジンの回転数を上げる「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を採用。

ハイブリッド車では、スポーツハイブリッド i-DCDを搭載したモデルで、ギアレシオ変更と駆動力制御を見直し、発進加速時のアクセルレスポンス向上を実現している。

さらに、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備としたほか、歩行者側の車線逸脱で、歩行者と衝突のおそれがある場合に音とメーター内の表示で警告し、車道方向へのステアリング操作を支援する歩行者事故低減ステアリング機能を採用した。

ガソリン車は3グレードの展開で、それぞれ価格は、Gが239万8680円(消費税込み、以下同じ)、Xグレードが274万8600円、RSが255万8520円となる。

ハイブリッド車では2グレードの展開で、それぞれ価格は、Xが308万8800円、RSが289万8720円となる。
《平川 亮》

特集

page top