年内公開か…BMWの新SUV「X7」、フルデジタル・コックピットを目撃 | Push on! Mycar-life

年内公開か…BMWの新SUV「X7」、フルデジタル・コックピットを目撃

BMWが開発中の新型フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』プロトタイプのコックピットを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 スクープ
BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
  • BMW X7 スクープ写真
BMWが開発中の新型フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』プロトタイプのコックピットを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。そこには、『X7 iPerformance』コンセプトからインスパイアされた、デュアルディスプレイを備える最新鋭のフルデジタル・インストルメント・クラスターが確認出来た。

高級感あふれるインテリアには、レザーに包まれたテアリングホイール、ブラックピアノ仕上げのシフトノブのほか、見慣れた「iDrive」コントローラーだけでなく「スポーツ」「コンフォート」「エコ」モードボタンも見て取れる。

カモフラージュが薄くなったエクステリアを見ると、3列目へのアクセスに配慮した長いリアドア、新LEDヘッドライト、薄いフォグランプなどの特徴に気づく。またブルーのブレーキキャリパー、ハニカムメッシュのエアインテーク、大径ツインエキゾーストパイプなどから、このプロトタイプは「Mスポーツ」と思われる。

X7のプラットフォームには、『5シリーズ』『7シリーズ』新型にも採用される最新の軽量「CLAR」を採用、BMW初の標準3列7人乗りSUVとなることも話題だ。パワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンエンジンや、456psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボの他、『740e』から流用される2リットル直列4気筒ターボと111psの電気モーターを組み合わせた、最高出力325psのPHVも期待出来そうだ。またV12エンジン搭載モデルも投入される可能性があるという。

コンシェルジュサービスを始め、ソフトクローズド自動ドアやマッサージシートなど、ライバルとなる『レンジローバー』やメルセデスベンツ『GLS』次期型に引けを取らない豪華装備を備え、年内の初公開が予想されている。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top