【三菱 エクリプスクロス 試乗】さすがの三菱SUV、“ナーンチャッテ”じゃありません…竹岡圭 | Push on! Mycar-life

【三菱 エクリプスクロス 試乗】さすがの三菱SUV、“ナーンチャッテ”じゃありません…竹岡圭

自動車 試乗記

三菱 エクリプスクロスと竹岡圭さん
  • 三菱 エクリプスクロスと竹岡圭さん
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 竹岡圭さん
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 三菱 エクリプスクロス
「このクルマって、斜め上から見るのがいちばんカッコイイんだね~」なんて話が出るくらいイケメンなんですよ。カッコ悪いクルマだと、こういう話になりませんからね。正直言って三菱自動車のデザインって、意外と好き嫌いが分かれることが多いので、登場当初から皆さんにそんな話をしてもらえるのは珍しいことだったりして(笑)

どうも時代が早すぎちゃって、数年経ってからそのデザインが市民権を得るというか、カッコよく見えるというか…なんてことが多いんですよね。個人的に三菱には、好きなデザインのクルマたくさんあるんですけれど…。

コンセプト的にもそうで『シャリオ』しかり、『コルト』しかり、『i-MiEV』しかり、『ミニカトッポ』しかり。いつの時代も最先端のパイオニア街道まっしぐら。いまや当たり前のGDIエンジンだってそうでしたからね。

そんな三菱が、超~久しぶりに送り出したニューカマーが『エクリプスクロス』。いわゆるいま流行りのクロスオーバーSUVなので、とりあえず時代とのマッチング感は心配ないのですが、そうなるとどこで三菱らしさをアピールするかが重要になってきます。

◆“ナーンチャッテ”じゃ困ります

今回はイケメンデザインがかなり強調されていますし、私も「クルマの購入動機は見た目が8割以上」と、長らく唱えてはおりますけれど、とはいえSUV。機能や性能で満足いかないのは困るじゃないですか。だってね、天下の三菱のSUVですもの!「生き残れるか!」的な『パジェロ』のような性能は求めませんけど、ナーンチャッテじゃ困ります。

そして三菱さんはそこをちゃんとわかっていらっしゃいました!S-AWC!さすがですね~。『ランサーエボリューション』タイプとも『アウトランダー』タイプとも違うバージョンではありますが、エクリプスクロスの性格には合っているように思います。

試しにAUTO→SNOW→GRAVELと切り替えてみたのですが、AUTOは素直な感じで気持ちよくトルクが掛かっていく感じ、SNOWは出足のトルクはかけつつも、そこからはゆっくりとパワーを増強していく感じで、GRAVELは直結ではないものの、いわゆるそういったフィーリング。ドライ路面だとやや曲がりにくいかな? というところ。ドライ路面でも想像以上に違いをきちんと出していて、それがまたどれもちゃんとしてるんです。

三菱のクルマのよさ、ハンドル切ったら切った分だけ曲がり、アクセル踏んだら踏んだ分だけ進むっていう、極端に言うと燃費より乗りやすさでしょ!的なセッティングも見事健在で、いやはや操りやすく仕上がってました。個人的には、ステアフィールがかなりフラットに感じられたので、もう少し手応えというか、ビルトアップ感があった方がいいけれど、軽すぎず重すぎずの扱いやすさは満足レベル。

◆機能とデザインの両立、上手くやりました

さらに視界がイイ!リアの2段ガラスみたいなデザインは、直後視界も結構確保できていて、視認性はかなり高くて大満足。デザインコンシャスなクルマだと視認性に問題あるのも多いですが、機能とデザインの両立、上手くやりましたね~!という感じです。

ただ…。ヘッドアップディスプレイはイマドキ大きすぎる気もするんですが…。それにこれだけ大きいなら、もう少しユニークな表示でもよかったかな…なんて思っちゃったのは私だけでしょうか?

フタがキレイにしまるなんていう、ギミック的な楽しさと見た目の美しさはあるんだけれど、私のドライビングポジションだと、ハッキリ言ってちょっと上方が邪魔なんですよね…。あ~、言っちゃった!(汗)とは、チビのボヤキでございました…(笑)

でもね、そんな小さなことにケチつけたくなるくらい、全体的にまとまってるんですよ。リアシートもデザインコンシャスなクルマのわりには結構広いし、荷室も満足いくレベルだし~!

あ!荷室と言えば、リアシートのシートスライドを前にしたときに、どうしても隙間ができちゃうので、ここは何かオプションが登場するのを待ちたいと思います。というわけで、あ!結局また言っちゃったけど、かなり満足レベルの高い1台ですよ!

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《竹岡圭》

特集

page top