【カーオーディオ】製品選びの“傾向と対策” Part.4「ユニットサブウーファー編」その4 続「DIATONE」の場合 | Push on! Mycar-life

【カーオーディオ】製品選びの“傾向と対策” Part.4「ユニットサブウーファー編」その4 続「DIATONE」の場合

カーオーディオ製品の選び方のコツを解説している当連載。現在は「ユニットサブウーファー」をテーマにお贈りしている。今回は前回に引き続き、国産ブランド「DIATONE(ダイヤトーン)」のサブウーファー『SW-G50』について解説していく。

カーオーディオ 特集記事
「DIATONE」デモカーに登載されている「DIATONE」サブウーファー『SW-G50』。
  • 「DIATONE」デモカーに登載されている「DIATONE」サブウーファー『SW-G50』。
カーオーディオ製品の選び方のコツを解説している当連載。現在は「ユニットサブウーファー」をテーマにお贈りしている。今回は前回に引き続き、国産ブランド「DIATONE(ダイヤトーン)」のサブウーファー『SW-G50』について解説していく。

ところで、海外のカーオーディオブランドの多くは、「ユニットサブウーファー」を多彩にラインナップしている。口径違い、グレード違い等々、いろいろな製品を用意しているのだが、対して国産ブランドでは、リリースされる製品数が絞られていることが多くなっている。

「DIATONE」においては、サブウーファーのラインナップは『SW-G50』のみだ。しかしながら当機は、「DIATONE」から発売されている2ウェイコンポーネントスピーカーのすべてに、ベストマッチする。口径的にもすべての「DIATONE」スピーカーと相性が良く、そしてすべての「DIATONE」スピーカーと同様の振動板素材、『NCV』が使われているので、サウンドの一体感を出しやすい。低域から高域まで繋がりよく音楽を再生できるのだ。

というわけで、『SW-G50』は、自社のスピーカーとのマッチングを考えて開発された製品であり、その最大のポイントが、「DIATONE」が独自開発した新振動板素材『NCV』にあると、前回説明させていただいた。

そしてこの『SW-G50』にはもう1つ、スペシャルな技術が投入されている。それは『MST(マグネサーボ・テクノロジー)』。当技術は、「入力信号に対して振動系の動きをリニアに制御する電磁制動の帯域を全再生周波数帯域まで拡大する技術」。つまり、超強力で低歪みな磁気回路を採用することで、振動板素材として理想的な性質を持つ『NCV』を強力に正確に制御できる、という磁気回路なのである。

結果『SW-G50』は、密閉型の小型ボックスでもローエンドまでの再生が可能で、また、ボックスの形状に左右されないので、“フリーエア”で鳴らすことも可能となっている。車載用として使いやすく、かつ、高品位なサウンドを再生可能なサブウーファーとなっている、というわけなのだ。

『DIATONE・SW-G50』についての解説は以上で終了だ。次回も具体的な注目製品を取り上げる。乞うご期待。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top