GT-R の技術搭載、ルノー日産三菱とダイムラーが1.3ターボエンジンを共同開発…ジュネーブモーターショー2018 | Push on! Mycar-life

GT-R の技術搭載、ルノー日産三菱とダイムラーが1.3ターボエンジンを共同開発…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニュース

ルノーの新1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ(ジュネーブモーターショー2018)
  • ルノーの新1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ(ジュネーブモーターショー2018)
  • ルノーの新1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ(ジュネーブモーターショー2018)
  • ルノーの新1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ
ルノー日産三菱アライアンスは、ジュネーブモーターショー2018において、ダイムラーと共同開発した新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを発表した。

このエンジンの特徴が、日産『GT-R』の「ミラーボアコーティング」技術の採用。ミラーボアコーティングは、エンジン内部の抵抗を減らすことによって、エンジンの効率を上げるテクノロジー。

ミラーボアコーティングは、溶かした鉄をシリンダーボア内部に吹き付ける技術。シリンダーボア内部の壁に鉄の膜を作り、この膜を鏡面仕上げにすることで、ピストンが動く時の抵抗を大幅に低減させる。

新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンの最大出力は115hp、130hp、140hp、160hpの4種類。ルノーによると、運転する楽しさを大幅に引き上げながら、燃費やCO2性能も向上させているという。

なお、ルノーはこの新エンジンを、まずは2018年内に発売する『セニック』と『キャプチャー』に搭載する、としている。
《森脇稔》

特集

page top