アウディ、RSシリーズ初のPHEVは「RS7」に…パナメーラ超える720馬力 | Push on! Mycar-life

アウディ、RSシリーズ初のPHEVは「RS7」に…パナメーラ超える720馬力

アウディ『A7スポーツバック』の高性能モデルとなる、『RS7 スポーツバック』次期型プロトタイプが、寒冷地テストを開始した。

自動車 スクープ
アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
  • アウディ RS7 スクープ写真
アウディ『A7スポーツバック』の高性能モデルとなる、『RS7 スポーツバック』次期型プロトタイプが、寒冷地テストを開始した。

RS7は、アウディの高性能スポーツモデルを展開するブランド、「アウディスポーツ GmbH」が手掛けるモデルだ。次期型では、RSモデルとして初となるプラグインハイブリッド(PHEV)の投入も注目されている。

パワートレインは、8速Sトロニック(DCT)と組み合わされる最高出力650psを発揮する4リットルV型8気筒エンジン。PHEVはポルシェ『パナメーラターボS E-ハイブリッド』から流用されるシステムだが、最高出力720psとパナメーラの680psを上回る高性能と見られている。

プラットフォームには、VWグループの「ユキビタス MQB」を採用し、軽量化が図られる。捉えたプロトタイプは、前後フェンダーにアーチ・エクステンションが見られ、トレッドが拡大されると思われる。リアには「A7」「TFSI」のバッジが見られるが、イエローの大型ブレーキキャリパーや大径ツインエキゾーストパイプからも高性能「RS」モデルと断定して良いだろう。

アウディのチーフデザイナー、マーク・リヒテ氏は「2018年末にも新型を発表する」とアナウンスしている。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top