パナメーラ の心臓を手に入れた…アウディ RS7 次期型、初のPHEV投入へ | Push on! Mycar-life

パナメーラ の心臓を手に入れた…アウディ RS7 次期型、初のPHEV投入へ

アウディのフラッグシップ4ドアクーペ『A7スポーツバック』。その最上級スポーツモデル『RS7スポーツバック』次期型のテスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 スクープ
アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
  • アウディ RS7スポーツバック 次期型 スクープ写真
アウディのフラッグシップ4ドアクーペ『A7スポーツバック』。その最上級スポーツモデル『RS7スポーツバック』次期型のテスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

A7とは異なるフロントバンパーやエアインテークだが、これらは生産型パーツではなくダミーだ。次期型ではVWグループの「ユキビタスMQB」プラットフォームを採用し軽量化、フロントやリアフェンダーのアーチ・エクステンションからもトレッドがワイドになると思われる。

次期型のハイライトは、最新の8速Sトロニックギアボックスと組み合わされる2つのパワートレインだ。

一つは、最高出力650psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンで、もう一つはさらに強力な700psを叩き出すハイブリッドモデルとなる。これはポルシェ『パナメーラ ターボS Eハイブリッド』から移植されるプラグインハイブリッド(PHEV)システムで、最高速度310km/h、0-100km/h加速は3.5秒のパフォーマンスを発揮する。

アウディのチーフデザイナー、マーク・リヒテ氏は2018年末にも新型を発表するとアナウンスしている。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top