極寒でもフルオープン…ベントレー新型「GTC」、マイナス10度下で余裕のテスト | Push on! Mycar-life

極寒でもフルオープン…ベントレー新型「GTC」、マイナス10度下で余裕のテスト

自動車 スクープ

ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGTC スクープ写真
ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

そんな過酷な状況でも快適性を保持できるのは、メルセデスベンツ『Eクラス カブリオレ』などにも見られる「エアスカーフ」システムを採用しているからだ。シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターにより首周りを温めてくれる。また空気の流れを上方に跳ね上げるエアキャップも搭載し、真冬でもオープンルーフを楽しめる。

次期型では、ポルシェと共同開発された「MSB」と呼ばれる新しいプラットフォームを採用、約150kgもの軽量化を図ると予想される。クーペの「GT」同様に、2015年のジュネーブモーターショーで公開された『EXP 10 スピード 6』の意匠を継承するグラマラスなボディは、オープンボディを引き立てている。

パワートレインは、『ベンテイガ』やGTと共有する新世代6リットルW12型ツインターボ「TSI」エンジンを搭載し、最高出力635ps、最大トルク918kgmを発揮する。0-100km/h加速は3.8秒と同クラスオープンモデルとしてはトップクラスだ。

エンジンやエクステリアだけでなく、室内でもインテリアやインフォテイメントシステムをGTと共有するだろう。

ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力で、2019年にはV8モデルやプラグインハイブリッドモデルの投入も予定されている。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top