Gクラス にもあのグリルが…大刷新のメルセデス AMG G63、最新プロトタイプを見た | Push on! Mycar-life

Gクラス にもあのグリルが…大刷新のメルセデス AMG G63、最新プロトタイプを見た

自動車 スクープ

メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
メルセデスの本格オフローダー『Gクラス』(ゲレンデヴァーゲン)のハイエンドモデル、『AMG G63』次世代型の最新開発車両をスクープした。カモフラージュにも変化が見られ、一部に生産型パーツを装着していると思われる。

これまでの開発車両から変化があったのは、メッシュで覆われたフロントグリルだ。これまでダミーのグリルがはめ込まれていたが、今回の車両では偽装の奥にAMG最強の証「パナメリカーナグリル」が確認出来る。このほか、フロントバンパーエアダクト部分の奥には、2本のフィンのようなものもや、ヘッドライト中央にはLEDランプも見える。

次世代型では、新プラットフォームにより現行モデル比で約200kgの軽量化が図られると共に、4インチ(約10センチ)ボディがワイドになると噂されている。伝統のボクシーなシルエットこそキープコンセプトだが、その実態は大きな進化を遂げそうだ。

パワートレインは、5.5リットルに代わり新開発の4リットルV型8気筒ツインターボを搭載、最高出力は600psと予想されている。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力だ
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top