武器は価格とデザイン、ジープから“日本サイズ”の新型SUV「コンパス」登場 | Push on! Mycar-life

武器は価格とデザイン、ジープから“日本サイズ”の新型SUV「コンパス」登場

自動車 ニュース

ジープ・コンパス新型と、デザイン責任者のクリス・ピシテリ氏
  • ジープ・コンパス新型と、デザイン責任者のクリス・ピシテリ氏
  • ジープ・コンパス新型
  • ジープ・コンパス新型
  • ジープ・コンパス新型
  • ジープ・コンパス新型
  • デザイン責任者のクリス・ピシテリ氏が「最も美しい組み合わせ」と話したのが、シルバーのボディにブラックルーフのカラー
  • ジープ・コンパス新型
  • ジープ・コンパス新型
SUVブランドの元祖とも言えるジープから、コンパクトSUVの新型『コンパス』が登場した。FCAグループの最新プラットフォームを採用し全面刷新。一方で全長を先代から75mm縮めダウンサイズし、都市型SUVとしての個性を強めたほか、価格競争力も武器とするという。ジープの世界戦略車として商品力を強化した新型コンパスは、国内SUV市場に爪痕を残すか。

FCAジャパンによると、2013年を起点とする「第2次SUVブーム」以降、輸入SUV市場が伸びているという。その中でもSUVをブランドの主軸とするジープは、大幅な伸長率を見せている。同社によると、2009年比でジープブランドの販売台数は10倍に、中でもオフロード性能に特化したSUVである『ラングラー』が約40%を占めており、国内SUV市場は「ポテンシャルがある」と分析する。これに対しジープは、販売ネットワークの拡充や新CI採用店舗を2018年末までに80%とすることなどを掲げ、ブランドの強化を図る。そうしたブランド強化の“看板”として期待されるのが、12月2日より発売される新型コンパスだ。

◆エクストレイルやCX-5よりもコンパクト
新型コンパスは、2012年に登場した初代に続く2代目。立ち位置としては、スモールSUVの『レネゲード』と、ミッドサイズSUVのラングラーの中間にあたり、ジープならではのオフロード性能と『グランドチェロキー』に代表されるプレミアム感あるデザインを併せ持つクロスオーバーモデルだ。

FCAグループのモジュラープラットフォーム「スモールワイド4×4 アーキテクチャー」を採用、これをベースにフレーム一体式のモノコックボディ構造とし、高いねじれ剛性を実現。高張力鋼板を全体の70%近く採用するなどにより軽量化も実現した。これらは悪路での接地性や、市街地での快適な乗り心地に貢献するという。またオフロード性能に定評があるジープならではの悪路走破性も、もちろん備えている。

ボディサイズは全長4400mm×全幅1810mm×全高1640mm、ホイールベースは2635mm。日産『エクストレイル』(全長4690mm、全幅1820mm)やマツダ『CX-5』(全長4545mm、全幅1840mm)と比べても若干コンパクト。都市部での取り回しやすさを重視しながらも、先代比でトレッドを前30mm、後20mmそれぞれ拡大し、オンロードでの走行性能を高めているのが特徴だ。

◆パッションを感じられるプレミアム感

そして伝統的なジープデザインとプレミアム感を融合させたという内外装デザインが、新型コンパス最大の“売り”と言っても良いだろう。デザイン開発にあたっては、デザイナー自らコアなジープユーザーやオフローダー達の声を聞き、発想を得たのだという。フロントマスクはジープ伝統の「7スロットグリル」を採用し、ひと目でジープとわかるものとしながら、ヘッドライトの内側を黒、その縁取りを白として“動物の目”をイメージさせるものとするなど、新たなアイデアも盛り込まれた。

対照的に、サイドとリアには従来とは異なるアプローチが見て取れる。サイドは、ドアミラーからルーフラインを流れリアハッチへと途切れなく続くシルバーのアクセントが特徴的だ。これは視線を下げ、車体を低く見せる効果があるという。一方でホイールアーチは伝統の台形とし、ジープ本来のオフロード性能を視覚的にも表現した。

リアコンビネーションランプは縁が光るラインLEDを採用し先進感を表現。この薄く横長のデザイン形状と、サイドから続くシルバーのラインが、新しい個性を与えている。デザイン責任者のクリス・ピシテリ氏は、「プレミアム感を表現しながらも、冷たさではなくパッションを感じられるデザインにしたかった」と語っている。

インテリアには上質さと機能性を盛り込んだ。デザインの着想は多岐に渡り、新世代の「Unconnectシステム」(7インチまたは8.4インチ)を採用するインストルメントパネルは、ボクサーのプロテクトギアから、操作系が集中するステアリング周りは戦闘機パイロットのマスクから、エアコンの吹き出し口はサメの背びれから…など、バラエティ豊かだ。

これらを「URBEX(アーベックス)」と称するコンセプトの下、まとめあげていったという。このURBEXとは造語で、古い建物に見られる無機質な人工物のイメージと、人の手によって使い古された=生活に馴染んだ様子を表現したものだとか。ピシテリ氏が語る「上質感と親しみやすさの両立」が、ここにも盛り込まれているということだろう。

◆323万円から、価格競争力を武器に

「Sport」「Longitude」「Limited」と3グレードを展開する新型コンパス。パワートレインはアイドリングストップ付きの2.4リットル4気筒マルチエアエンジンを全車に搭載。トランスミッションは2WDの「Sport」「Longitude」がアイシン製6速AT、4WDの「Limited」がZF製9速ATを組み合わせる。また70もの安全装備を標準化(Limited)するなど、商品力を大幅に高めた。

価格競争力も大きな武器とする新型コンパスは、エントリーグレードの「Sport」が323万円から。SUV人気の中核を担う同クラスの輸入SUVの中でも、最も安いと胸を張る(最上級の「Limited」で419万円)。日本でも取り回しの良いサイズと価格競争力、最新デザインとジープならではのオフロード性能で、このSUVブームの波に乗ることができるか。
《宮崎壮人》

特集

page top