日本最大級のオーディオカーの祭典『ACG2017』が大団円!! “WORLD FINAL”リポート! Part2 | Push on! Mycar-life

日本最大級のオーディオカーの祭典『ACG2017』が大団円!! “WORLD FINAL”リポート! Part2

カーオーディオ 特集記事

10月22日、静岡県小山町の「富士スピードウェイ」にて開催された、『ACG2017 WORLD FINAL』。そのリポートの第2弾をお届けする。今回は、当サイト登録店からエントリーした以下の7台について、搭載システムやカスタムコンセプトを紹介していく。

ホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープス

ホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープスホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープスホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープスホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープスホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープスホンダ・オデッセイ(オーナー/ジェット重井さん)by ワープス
ジェット重井さんは、自身にとって初めてのオーディオカーだというオデッセイで参加した。インテリアが完成したのは昨年で、今シーズンは足回り等、エクステリアを強化したとのことだ。搭載システムは以下のとおり。メインユニットにカロッツェリアのDEH-P01を使い、それ以外はマッツプロオーディオで統一している。パワーアンプには4ch、2ch、モノchモデルを各1台ずつ使っていて、4chモデルでフロントスピーカーを、2chモデルでリアスピーカーを、モノchモデルでサブウーファーを鳴らしている。カーオーディオの楽しさは、「人それぞれで個性が出ること」と話してくれた重井さん。愛車のカスタムの中では、トゥイーターの取り付けスタイルがお気に入り♪

スズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイ

スズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイスズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイスズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイスズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイスズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイスズキ・エブリイ(オーナー/五十嵐浩昭さん)by カーファイ
2年ほど前にこのエブリイでカーオーディオを始めたという五十嵐さん(一緒に映っているのは育代さん)。愛車のオーディオシステムはズバリ、“日音協仕様”。「ハギレの良い“大音良”を鳴らしたい」とのことだった。搭載ユニットは以下のような顔ぶれ。メインユニットがダイヤトーンサウンドナビ・NR-MZ200PREMI、パワーアンプにはグラウンドゼロの4chモデル、2chモデルを各2台ずつ採用している。スピーカー群にはロックフォード・フォズゲートのパンチプロをチョイスし、サブウーファーにはグラウンドゼロの18インチ×2発を使っている。なお、サブウーファーを“壁”にしたのは当イベントのひと月前。理想形にさらに近づけるべく、システムアップが図られた。

トヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージA

トヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージAトヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージAトヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージAトヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージAトヨタ・プリウスα(オーナー/遠藤隆広さん)by ガレージA
このプリウスαが初めてのオーディオカーだという遠藤さん。システムを積み始めたのは今年の初頭で、完成したのは当イベントの2か月ほど前だ。搭載システムは以下のとおり。ソースユニットとしてDAPを使い、プロセッサーにはヘリックスのDSP-PRO MKIIをチョイスしている。それ以外はすべてJLオーディオで統一。パワーアンプはフロントスピーカー用に4chモデルを使い、サブウーファーはモノchアンプで鳴らしている。そしてフロントスピーカーがエボリューションC3、サブウーファーがW3だ。遠藤さん曰く「今のサウンドに大満足。ドライブが快適になり、遠出も苦ではなくなった。車内が安らぎの空間になった」とのことだった。目指すサウンドはズバリ、「クリアな音」♪

三菱・デリカD5(オーナー/松永友来さん)by サウンドウェーブ

三菱・デリカD5(オーナー/松永友来さん)by サウンドウェーブ三菱・デリカD5(オーナー/松永友来さん)by サウンドウェーブ三菱・デリカD5(オーナー/松永友来さん)by サウンドウェーブ三菱・デリカD5(オーナー/松永友来さん)by サウンドウェーブ
カーオーディオ歴は約8年という松永さん。このデリカD5にオーディオを積み始めたのは2年前で、コンペに出るようになったのもこのクルマになってから、とのことだった。現状のシステムが完成したのは今年の6月。以下のような製品でシステムが構成されている。ソースユニットにはスマホを使い、CD再生用としてダイヤトーンサウンドナビを使用。プロセッサーにはヘリックスのDSP-PRO MKIIを選び、パワーアンプにはロックフォードを採用している。フロントスピーカーもロックフォードのT5だが、そこにフラックスのスコーカーをプラス。サブウーファーにもロックフォードを使用している。目指しているサウンドは「Hi-Fi」。普段は、女性ボーカル(J-POP)を中心に楽しんでいる。

スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックス

スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックススズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックススズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックススズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックススズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックススズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/飯ヶ谷和典さん)by カスタマイズファクトリーナックス
当イベントの同月に完成したばかりのワゴンRスティングレーで参加した飯ヶ谷さん。ちなみにこのクルマが飯ヶ谷さんにとっての初めてのオーディオカー。友人の影響で愛車のカスタムを決意したという。手を掛け始めたのは1年前。今回は、フロントスピーカーのアウター化とリアの作り込みが実行されている。搭載システムは以下のとおりだ。メインユニットはアルパインのナビ、プロセッサーにはロックフォードの3SIXTY.3を使い、パワーアンプにも同・パワーシリーズのモデルが計3台使われている。フロントスピーカーも同・T1、サブウーファーにはグラウンドゼロの10インチモデル×2発がチョイスされている。セカンドシートを潰さずラゲッジスペースを有効活用して豪快カスタムが成立♪

ダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテック

ダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテックダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテックダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテックダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテックダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテックダイハツ・ムーブ(オーナー/宮崎孝司さん)by ケンテック
熊本から約13時間かけてやってきたという宮崎さん。土曜日の夜明け前に出発してその日の夕方に到着したとのことだ。オーディオシステムは“日音協仕様”。搭載製品の顔ぶれは以下のようになっている。1DINのCDプレーヤーをメインユニットとして使用し、パワーアンプにはロックフォード・フォズゲートのモデルを2台使用。フロントスピーカーにはヴァイブオーディオをチョイスし、セカンドシートスペースに壁に組まれたサブウーファーはロックフォードだ。ちなみにこのムーブは宮崎さんにとっての2台目のオーディオカー。カーオーディオを始めたのは4年前で、友人のクルマを見て影響を受け、カスタムに踏み切った、とのことだ。普段は「クリアな音」でR & Bを中心に楽しんでいる。

三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド

三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド三菱・FTO(オーナー/A野さん)by アークライド
「去年の年末に一気にシステムを組んだ」というFTOで参加したA野さん。仕事関係の知り合いの影響で、「良い音を聴きたい」という思いからシステムの搭載を決意した。カーオーディオユニットは写真のとおり、リアシートスペースに豪快にセッティングされているのだが、普段はここにシートが載せられている。システムレイアウトは以下のような構成となっている。メインユニットがダイヤトーンサウンドナビ・NR-MZ90プレミ、それ以外はすべてJLオーディオで統一されていて、パワーアンプは4chモデルとモノchモデルが各1台ずつ、フロントスピーカーにはC5が、サブウーファーにはW3がチョイスされている。「今後も随時ステップアップさせていきたい」とのことだった。期待大♪
《太田祥三》

特集

page top