【東京モーターショー2017】クラリオン、リビングから目的地までのシームレスな移動をコンセプトカーで疑似体験 | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー2017】クラリオン、リビングから目的地までのシームレスな移動をコンセプトカーで疑似体験

自動車 ニュース

クラリオン ブースイメージ
  • クラリオン ブースイメージ
クラリオンは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展、自動運転時代に向け開発を進める「スマートコックピットソリューション」をコンセプトカーを用いたデモンストレーションと映像で紹介する。

コンセプトカーでは、クラリオンが2020年代をターゲットに提案する自宅リビングから最終目的地までをシームレスに移動するシナリオを疑似体験できる。コンセプトカーには、AIエージェントによるスケジュール管理、個人認証技術による出発サポート、眠気検知システムなどによる直感的なアラート、AIエージェントによるリコメンドサービス、AR-HUDや電子サイドミラーを使った運転支援など、クラリオンの多様な技術を組み合わせている。

映像では、2030年以降のモビリティをテーマに、社会の様々なシーンでクラリオンのソリューションがどのように貢献できるかを紹介。また、展示デモカーでは、9型AVナビゲーション「NXV977D」と「フルデジタルサウンドシステム」を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top