【フランクフルトモーターショー2017】ポルシェ カイエン 新型、最強の ターボ を公開…550ps | Push on! Mycar-life

【フランクフルトモーターショー2017】ポルシェ カイエン 新型、最強の ターボ を公開…550ps

自動車 ニュース

ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ新型
ポルシェは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、新型『カイエン・ターボ』を初公開した。

8月下旬、ドイツのポルシェ本社でワールドプレミアされた新型カイエンには、ベースグレードの「カイエン」と上級グレードの「カイエンS」の2グレードを設定。フランクフルトモーターショー2017で初公開された新型カイエン・ターボは、新型カイエン・シリーズの最強グレードとなる。

新型カイエン・ターボには、新世代の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力550ps、最大トルク78.5kgmを引き出す。この数値は先代比で、30ps、2kgmの強化にあたる。新世代エンジンの特徴が、ターボチャージャーをエンジンのV字ゾーンに配置した点。燃焼室とターボチャージャーの間の排気経路が短縮されるため、ポルシェによると、レスポンスに優れ、センターターボレイアウトによって、パワーが大幅に向上しているという。

トランスミッションは、新開発の8速ティプトロニックS。駆動方式はフルタイム4WDシステムの「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)。新型カイエン ターボは、「スポーツクロノパッケージ」の場合、0~100km/h加速3.9秒、最高速286km/hと、SUV世界屈指の性能を実現している。
《森脇稔》

特集

page top