パイオニア、ドラレコ3機種を発売…Wレコーディング機能や偏光フィルターなど搭載 | Push on! Mycar-life

パイオニア、ドラレコ3機種を発売…Wレコーディング機能や偏光フィルターなど搭載

自動車 ニュース

ND-DVR30
  • ND-DVR30
  • 「ダブルレコーディング機能」前方の走行映像+後方の走行映像
  • 「ダブルレコーディング機能」前方の走行映像+車室内の映像
  • 偏光フィルター
  • 「ND-DVR40」取付イメージ(イラスト)
  • 「ND-DVR40」取付イメージ
  • 「Driving Viewer」イメージ
  • ND-DVR20
パイオニアは、ドライブレコーダーの新モデル3機種を発表、「ND-DVR20」と「ND-DVR30」を9月より、「ND-DVR40」を12月より発売する。

新モデルは幅広いニーズに対応するため、多彩なラインアップを展開。ND-DVR30はダブルレコーディング機能を搭載し、別売のバックカメラやフロアカメラと組み合わせることで、前方の映像に加えて、車両後方もしくは車内の映像を同時に録画できる。ND-DVR20は新開発の車載専用偏光フィルターにより、ダッシュボード部のフロントガラスへの映り込みや対向車両のボディのギラつきなどを低減し、前方の映像をより鮮明に記録できる。ND-DVR40は、本体をフロントガラスに直接貼り付ける形状により、ドライバーの視界を妨げにくく、カメラのレンズがフロントガラスに近くなることで、不要な映り込みも低減する。

ND-DVR30/ND-DVR20はフルHDを超える約300万画素(2304×1296p)、ND-DVR40はフルHD画質の約207万画素(1920×1080p)の高画質撮影を実現。急な明るさの変化による白潰れや黒潰れを補正するWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能を搭載するほか、明滅タイミングにより記録できないというLED信号機問題にも対応する。

録画では、急加速や急減速、急ハンドル、速度超過などを検知すると警告音と同時に検知前後の映像をイベントファイルとして保存する「危険挙動録画機能」(ND-DVR20、ND-DVR30)、動体検知で前方風景を録画する「駐車監視機能」、エンジンをかけると自動で録画を開始する「連続録画機能」、走行中に衝撃を検知すると、検知前後の映像をイベントファイルとして保存する「イベント録画機能」など、多彩なモードを備える。また、パソコン用ビューアーソフト「Driving Viewer」(無料)に対応。録画映像をパソコンで再生し、地図ソフト「MapFan Web」と連携させて走行履歴と場所を確認できる。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top