名インストーラーに訊く。DIATONEスピーカーの魅力とは… <前編> | Push on! Mycar-life

名インストーラーに訊く。DIATONEスピーカーの魅力とは… <前編>

カーオーディオ 特集記事

“アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」に搭載されたDIATONEスピーカー『DS-SA1000』。
  • “アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」に搭載されたDIATONEスピーカー『DS-SA1000』。
  • “アンティフォン”代表、松居邦彦氏。『第3回ハイエンドカーオーディオコンテスト』会場にて撮影。
  • “アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」に搭載されたDIATONEスピーカー『DS-SA1000』。
  • “アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」に搭載されたDIATONEスピーカー『SW-G50』(サブウーファー)。
  • “アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」では、ソースユニットとしてデジタルオーディオプレーヤーが使用されている。
  • “アンティフォン”デモカー、「ポルシェ・マカン」。『第3回ハイエンドカーオーディオコンテスト』会場にて撮影。
  • DIATONE・DS-SA1000
  • DIATONE・SW-G50
石川県に老舗オーディオプロショップ、“アンティフォン”がある。同店を率いるのは松居邦彦氏。黎明期からカーオーディオに携わってきた名インストーラーの1人だ。当サイトでもコラムを連載中で、その洒脱でウンチクに富んだ文章を楽しみにしているファンは多い。

同コラムは先にめでたく連載100回を突破した。今回はそれを記念して、松居氏へのインタビューを実行した。テーマは、DIATONEスピーカーについて。松居氏はコラム内でシリーズ展開したデモカー製作記にも書いていたとおり、DIATONEスピーカーの愛用者である。現在は、DIATONEの新フラッグシップスピーカー『DS-SA1000』を搭載するニューデモカーの製作リポートを執筆中だ。

松居氏にとって、DIATONEとはどのようなブランドなのか、そしてDIATONEスピーカーの使い心地はどうなのか…。改めてじっくりとお訊きしてきた。

なお、新作デモカーはすでに完成し、7月22日、23日に静岡県で開催された『第3回ハイエンドカーオーディオコンテスト』でデビュー。「ディーラーカー部門・ディーラーデモカークラス」で、堂々の4位入賞を果たしている。今回は惜しくも表彰台こそ逃したが、コンスタントに好成績を収めるあたりは、さすがだ。

さて。当インタビュー記事は、前編・後編からなる2部構成でお贈りする。まず今回は、DIATONEというブランドに対する印象と、フラッグシップスピーカー『DS-SA1000』の前型機である『DS-SA1』についての松居氏の評価をご紹介していく。


■高校生の頃にたまたま訪れたNHKのスタジオに、DIATONEが置いてあった…。

まずは、DIATONEとの出会いについてお訊きした。

松居「DIATONEのことを初めて知ったのは、高校生のときです。当時僕は吹奏楽部でトランペットを吹いていて、3年生の頃には指揮者もやっていたのですが、確かコンクールでいいところに行ったか何かで、地元のNHKに取り上げてもらえたことがあるんです。5分とか10分とかの短い時間でしたが、定期演奏会か何かのPRをさせていただくことができ、放送局のスタジオ内に入ることができたんです。

そこにDIATONEの大きなスピーカーが置いてありました。街の電気屋さんにあるようなスピーカーとは完全に異なった、すっごく大きなスピーカーでした。

その頃はまだ、オーディオには特に関心を持っていなかったのですが、プレイバックの音を聴いて驚きましたね。なんて良い音なんだろうと。スピーカーって生演奏を再現できるんだなと。そしてもっとも驚いたのは、人間の声のリアルさでした。その人らしく聴こえてきたんです。

そしてよくよく見るとそこに、“DIATONE”と書いてあった。

その後、大人になってからオーディオに興味を持つようになり、社会人になった数年後にはオーディオ屋に勤め始め、以後はDIATONEのことを良く知るようになります。そうなった後にいろいろなところでDIATONEについてのテキストを目にし、放送局用のスピーカーのすごさや技術について読むわけですが、その度にその内容をリアルに感じ取れました。高校生の頃の実体験がありましたから。確かにあのスピーカーは違っていたな、と」


■80年代の前半に、突如としてHi-Fiカーオーディオが広まり始めて…。

ところで松居氏のカーオーディオ・インストーラーとしてのルーツは何だったのだろか。この機会に教えていただいた。

松居「社会人になって最初の数年は、製造業で技術者として働いたのですが、その後いろいろあって、オーディオ屋に勤めることになりました。

オーディオが今よりもっと元気があった時代です。男の子がオーディオを買うことは今よりも当たり前のことだったし、秋葉原(東京)も日本橋(大阪)もオーディオの街だった。

当時はオーディオ製品の販売に加えて、音響の仕事もしていましたね。学校行事や街のお祭りなどにPAシステムを持ち込んでオペレートするんです。ホールで行われるコンサートの仕事もやりました。

そうこうしていると、ナカミチが高級カーオーディオ製品の販売を始めました。80年代の前半くらい。ナカミチは当初、製品をオーディオ販売店経由で広め始めます。そしてオーディオ販売店は取り付けを、クルマ専門の電装屋さんに依頼していました。しかし僕のところは、取り付けも自分たちで行ったんです。内装のバラし方をクルマ屋さんに習いに行って。

その後ナカミチは問屋さんを経由していわゆるカーショップに販路を拡大し、Hi-Fiカーオーディオは広く普及していくのですが、僕らはそのままメーカーと直でやり取りを続け、そして取り付けも自分たちで行い続けました。レアなケースでしたよね。

その流れで現在に至っているんです。独立してからも業務内容は基本的には以前どおりですし。今でもホームオーディオの仕事のほうが比率は大きいんですよ。時代の流れで、PAの仕事はほぼなくなりましたが。

クルマはもともと好きでした。ですので、カーオーディオの仕事にも、愛着を持って取り組めていますね」


■音に対してストイック。日本人が作る製品らしい、細やかな表現力に特長が。

プロになった以降は、DIATONEについてどのようなイメージを持っていたのだろうか。

松居「好きなブランドの1つでした。特にスピーカーにおいて、こだわりの強いブランドというイメージを持ち続けていましたね。誇り高いメーカーで、ライバルメーカーが598(ゴッキュッパ=5万9800円)のスピーカーを主力としてラインナップして、その上に798(ナナキュッパ=7万9800円)、11万9800円とラインナップしたとすると、DIATONEはそれぞれに対して1万円高い値付けをしてくる。そんな印象がありました。

とはいえ、リーズナブルな製品よりも、高級スピーカーでこそ特長を発揮していましたよね。

とにかくモノが良かった。振動板はどこよりも緻密な振動ができる。60万円とか70万円というスピーカーも出していて、そういう製品も何台か売りましたが、音に対してストイックなブランドだと感じていました。その部分は今も一貫していますよね。

生の演奏を聴くことが好きな方には特に、たまらないブランドだったと思います。海外製のスピーカーにはない緻密さがあった。日本人だけが持つ細やかさみたいな表現力が、DIATONEのスピーカーにはありました。

モノが良いからこそ、オーディオ誌等のメディアもすごく応援していましたよね。しかし、いつの頃からか姿が消える。時代が変わってしまったんでしょうね」


■良さをそのまま引き継ぎ、ある部分は進化もさせて、DIATONEは復活する。

しかしDIATONEは、2005年に復活する。まずはフロア型の高級スピーカー『DS-MA1』の受注生産を開始し、その翌年には車載用スピーカー『DS-SA3』を発売して、カーオーディオの分野でも華やかに再登場を果たした。

松居「そして2007年に『DS-SA1』が発売されるのですが、このスピーカーの音を聴いて、素直にいいな、と思いました。以前に感じていたとおりの緻密な音がしていました。往年のDIATONEがそのまま復活した、という印象でしたね。

トゥイーターの振動板には“B4Cピュアボロン”が使われていましたが、これはDIATONE独自のものでしたし、ミッドウーファーの“アラミッドスキン・カーブドハニカムコーン”も、以前どおりのものでした。

ただし、“B4Cピュアボロン”は進化していた。眠っていたと思っていた間に、成長していたんです。

かくして僕は、これをデモカーで使おうと決めました。もっとも惹かれた部分は、DIATONEの伝統かな。日本でもっとも古いスピーカーブランドの1つですからね。

さらに言えばその時点で、『DS-SA1』以上のスペックを持つカーオーディオ用のスピーカーが、僕には見当たらなかった。もっとも可能性のある車載用のスピーカーだと、僕には思えたんですよ」

こうして松居氏は当時のデモカー・Audiにこれを搭載し、サウンドコンテストに持ち込んでは好成績も収めていく…。

今回は、ここまでとさせていただく。次回は松居氏による『DS-SA1』のさらなる分析と、2016年にいよいよ登場した新フラッグシップスピーカー『DS-SA1000』についての評価、思い入れを、じっくりとお伝えしていく予定だ。お楽しみに。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top