シボレー コルベット、ついにハイブリッド化へ…2018年1月発表か | Push on! Mycar-life

シボレー コルベット、ついにハイブリッド化へ…2018年1月発表か

自動車 スクープ

シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
  • シボレー コルベット C8 スクープ写真
第8世代のシボレー『コルベット』、「C8」の最新スパイショットがレスポンスの兄弟サイトSpyder7から届いた。俯瞰から捉えたショットからは、ミッドシップエンジンを確定付けるショートノーズ、独立し延長されたリアが確認出来る。

新型には、「LT2」「LT6」「LT7」と呼ばれるコードネームが付けられた3種のパワートレインが存在。その内容は2種のガソリンと、新たに加えられるハイブリッドモデルだということが判明した。

ガソリンエンジンのエントリーモデルには、最高出力500psほどのV型6気筒エンジン、トップモデルは7速デュアルクラッチミッションと組み合わされる、新開発の6.2リットルV型8気筒エンジンで、最高出力は700psと予想されている。

また最新のスクープ情報によると、クーペモデルには「タルガ」「フルガラス」の異なるルーフオプションが用意されるという。2019年1月にケンタッキー州ボウリンググリーンで生産が開始されるが、現行の「C7」は2021年まで継続して販売されるという。

1953年の発売以来、コルベット史上最大の進化を見せるであろう新生ミッドシップ・コルベットのワールドプレミアは、2018年1月のデトロイトモーターショーが有力だ。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top