打倒 プリウス、ホンダ インサイト 4年ぶり復活か…東京ショーでお披露目の可能性も | Push on! Mycar-life

打倒 プリウス、ホンダ インサイト 4年ぶり復活か…東京ショーでお披露目の可能性も

自動車 スクープ

ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
  • ホンダ インサイト 次期型テスト車両 スクープ写真
1996年に初代を発売、2009年に登場した2代目ではトヨタ『プリウス』との熾烈な価格・燃費競争を繰り広げたホンダ『インサイト』。販売の低迷から2014年に生産を終了したインサイトだが、2018年に3代目として復活する可能性が浮上した。

レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、開発中のプロトタイプの姿をスクープすることに成功した。

今回捉えたプロトタイプは、日本では『グレイス』として販売されているモデルをベースとしており、現段階ではデザインの詳細は不明。だが、後席ドアが延長されていることから、2代目の課題でもあった居住空間の拡大には力を入れてくるものと思われる。

ホンダ独自の簡易かつコンパクトなハイブリッドパワートレーン「IMA」を売りとしたインサイトだが、次期モデルではどうか。ボディタイプ的には同クラスのグレイスや『フィットハイブリッド』と共通する1.5リットルのスポーツハイブリッド i-DCDが有力だが、より走りに特化したモデルとして『アコード』と共通の2モーター式 i-MMDを採用する可能性も捨てきれない。

予想価格帯は250万円~290万円程度とみられ、高い居住性、低価格、低燃費と全てにおいて打倒プリウスを掲げる。2018年登場となれば、今年の東京モーターショーが復活の舞台として選ばれる可能性も大いにある。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top