メルセデスベンツ GLA、次期型にはEVも? 航続400km超めざし開発中 | Push on! Mycar-life

メルセデスベンツ GLA、次期型にはEVも? 航続400km超めざし開発中

自動車 スクープ

メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLA スクープ写真
メルセデスベンツの最小クロスオーバーSUV、『GLA』次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。カモフラージュは薄く、ある程度のディティールが見えてきた。

現行モデルと比較してみると、より薄型となったヘッドライト&テールライトが確認できる。またリアウィンドウは寝かされ、流行のクーペスタイルであることも分かる。

『Aクラス』次期型と共有する「MFA2」プラットフォームを採用するボディは、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され後席居住空間も向上すると見られる。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる、2リットル直列4気筒エンジン、及びプラグインハイブリッドのラインナップとなりそうだ。さらに遅れて、完全EVモデルが投入される可能性もあることがわかった。現在、航続距離400km~500km程度を目指し、開発中との情報が入っている。

安全技術では「レーダーセーフティー」が大幅に進化、ステアリングアシスト機能や自動ブレーキの機能向上が図られる。室内では「デュアル・デジタルスクリーン」の採用による豪華装備に期待したい。

メルセデスベンツは、今後8年間に8台のFFコンパクトモデルの新型を計画しており、「GLA」次期型はその第一弾として2019年にも市場投入が予想される。
《子俣有司@Spyder7》

特集

page top